ベンフォチアミン

出典: meddic

benfotiamine, benfothiamine
ビオタミンビオトーワシグマビタンダイメジンスリービー ビタメジン
ビタミンB1


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糖尿病とベンフォチアミン
  • 田鶴谷(村山) 恵子,山田 和子,三嶋 基弘
  • ビタミン 82(2), 137-139, 2008-02-25
  • NAID 110006596185

関連リンク

そして、その有効成分とは「ベンフォチアミン」。 チアミンとはビタミンB1のこと、つまり、ベンフォチアミンとは「ビタミンB1」を身体に吸収されやすく調整した、脂溶性のビタミンB1誘導体です。 通常のビタミンB1は水溶性 ...
ビオトーワとは?ベンフォチアミンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 ビタミンB1を補給するお薬です。 作用 ビタミンB1は、糖分のエネルギー変換や、神経の働きにかかわって ...

関連画像

ベンフォチアミンhqdefault.jpg -ベンフォチアミン….jpgベスト ベンフォチアミン 80mg 図2. ベンフォチアミンの構造式ベンフォチアミン錠25mg

添付文書

薬効分類名

  • 複合ビタミンB製剤

販売名

ダイメジンスリービー配合カプセル25

組成

 ダイメジンスリービー配合カプセル25


  • 1カプセル中に次の成分・分量を含有する。

効能または効果

  • 本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し,食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患,妊産婦,授乳婦など)
  • 下記疾患のうち,本剤に含まれるビタミン類の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合
  • ○神経痛
  • ○筋肉痛・関節痛
  • ○末梢神経炎・末梢神経麻痺

なお,効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。


  • 通常成人1日3〜4カプセルを経口投与する。
    なお,年齢,症状により適宜増減する。

有効成分に関する理化学的知見

 ベンフォチアミン

 一般名

  • ベンフォチアミン(Benfotiamine)

 化学名

  • S-Benzoylthiamine O-monophosphate

 分子式

  • C19H23N4O6PS

 分子量

  • 466.45

 性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で,においはなく,味は苦い。
    水又はメタノールに溶けにくく,エタノール(95)に極めて溶けにくく,ジエチルエーテル又はクロロホルムにほとんど溶けない。
    本品は水酸化ナトリウム試液,炭酸ナトリウム試液又は希塩酸に溶ける。
    本品の飽和水溶液は酸性である。

 融点

  • 約200℃(分解)

 ピリドキシン塩酸塩

 一般名

  • ピリドキシン塩酸塩(Pyridoxine Hydrochloride)

 化学名

  • 4,5-Bis(hydroxymethyl)-2-methylpyridine-3-ol monohydrochloride

 分子式

  • C8H11NO3・HCl

 分子量

  • 205.64

 性状

  • 白色〜微黄色の結晶性の粉末である。
    水に溶けやすく,エタノール(99.5)に溶けにくく,無水酢酸,酢酸(100)にほとんど溶けない。
    本品は光によって徐々に変化する。

 融点

  • 約206℃(分解)

 シアノコバラミン

 一般名

  • シアノコバラミン(Cyanocobalamin)

 化学名

  • Coα-[α-(5,6-Dimethylbenz-1H-imidazol-1-yl)]-Coβ-cyanocobamide

 分子式

  • C63H88CoN14O14P

 分子量

  • 1355.37

 性状

  • 暗赤色の結晶又は粉末である。
    水にやや溶けにくく,エタノール(99.5)に溶けにくい。
    本品は吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みビタミンB1
リンク元ビタメジン配合」「シグマビタン配合」「ダイメジンスリービー配合」「ビタメジン」「シグマビタン
関連記事チアミン」「アミン

ビタミンB1」

  [★]

vitamine B1
チアミン thiamine塩酸チアミン thiamine hydrochlorideビタミンB1塩酸塩アノイリン aneurine
アミグランドパレセーフビーフリード
ビタミンチアミン二リン酸 thiamine pyrophosphate チアミンピロリン酸 TPP


  • 水溶性ビタミン

機能

  • 補酵素
  • 2. TCA回路の反応

臨床関連


ビタメジン配合」

  [★] ベンフォチアミン(チアミン塩化物塩酸塩)、ピリドキシン塩酸塩(ピリドキシン)、シアノコバラミン

混合ビタミン剤


シグマビタン配合」

  [★] ベンフォチアミン(チアミン塩化物塩酸塩)、ピリドキシン塩酸塩シアノコバラミン

混合ビタミン剤

ダイメジンスリービー配合」

  [★] シアノコバラミンピリドキシン塩酸塩(ピリドキシン)、ベンフォチアミン

混合ビタミン剤

ビタメジン」

  [★] シアノコバラミンチアミンヒドロキソコバラミンピリドキシンベンフォチアミン


シグマビタン」

  [★] シアノコバラミンピリドキシンベンフォチアミン


チアミン」

  [★]

thiamine
M.V.I.M.V.I.-12キットアクタミンアミグランドアミノレバンEN配合アリチア配合アリナミンアリナミンFエスアリネートエルネオパ1号エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVグラビタンコンベルビーサブビタンジアイナミックスジアノイナミンシーパラシグマビタンシグマビタン配合ジセタミンダイビタミックスダイメジン・マルチダイメジンスリービー配合ダイヤビタンチアデラチアミン塩化物塩酸塩ツインラインNF配合ツインライン配合トライビートリドセラン配合ナイロジンネオM.V.I.-9ネオパレン1号ネオラミン・スリービーネオラミン・マルチVノイビタノイロビタン配合ノルニチカミンバイオゲンパレセーフパンビタン末ビーカップビースリミンビーフリードビーワンビオトーワビタジェクトビタダン配合ビタノイリンビタファントビタファントFビタマル配合ビタミンB1ビタメジンビタメジン配合ビタルファフェニルアラニン除去ミルク配合プラチアミンフルカリック1号フルスルチアミンフルメチプレビタSベストンヘパンED配合ベルミンビーマルタミンムツタミンメタボリンメタボリンGラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロートエキスロンベリンワッサーV配合塩酸B1塩酸チアミン
ビタミンB1
ビタミンB1剤


アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡