ベイリス効果

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/09 09:25:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 0212 ヒト上腕動脈におけるベイリス効果の非侵襲計測の試み(OS2:心臓血管壁のバイオエンジニアリング)
  • 黒川 貴博,加藤 義人,益田 博之,長山 和亮,松本 健郎
  • バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2009(22), 21, 2010-01-08
  • NAID 110008064402

関連リンク

ベイリス効果( - こうか、Bayliss effect)は、1902年にイギリスの生理学者ウィリアム・ ベイリス(William Bayliss)によって発見された学説である。平滑筋が急に伸展すると 収縮する反応に転じることを示す。

関連画像

カテゴリー: 未分類 | コメント レース1ではスタートがうまく VW GOLF GTI フォルクスワーゲン VW GOLF GTI フォルクスワーゲン VW golf GTI フォルクスワーゲン


★リンクテーブル★
関連記事リス

リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡