ヘレニエン

出典: meddic

helenienehelenien
アダプチノール


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/24 04:39:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

関連リンク

アダプチノールとは?ヘレニエンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 目の暗順応を改善するお薬です。網膜色素変性症に用います。 作用 網膜色素変性症は、目の網膜のはたらきが ...
アダプチノールとは?ヘレニエンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:病気別版) ... 概説 目の暗順応を改善するお薬です。網膜色素変性症に用います。 作用 網膜色素変性症は、目の網膜のはたらきが ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 暗順応改善剤

販売名

*アダプチノール錠5mg

組成

成分・含量

  • 1錠中,ヘレニエン5mg含有

**添加物

  • ヒドロキノン,ステアリン酸マグネシウム,炭酸マグネシウム,乳糖水和物,ブドウ糖水和物,精製白糖,小麦粉,ゼラチン,モンタン酸エステルワックス,タルク,赤色102号アルミニウムレーキ

効能または効果

  • 網膜色素変性症における一時的な視野・暗順応の改善
  • ヘレニエンとして,通常成人1回5mgを1日2〜4回経口投与する.
    なお,年齢・症状により適宜増減する.

薬効薬理

  • ヘレニエンは網膜でエステル分解を受け,キサントフィルに変換されて作用をあらわす1).すなわち,キサントフィルの共役二重結合部が網膜の色素上皮において酸素の担体として働き,網膜での好気的代謝を促進する(カエル)2).したがって,
  • 杆状体細胞では暗所での視紅合成(酸化反応)促進作用をあらわし(カエル)1),第二次暗順応を改善又は促進する〔ヒト(患者)〕3)
  • 同時に錐状体機能を促進し,第一次暗順応(初期暗順応)をも促進する〔ヒト(患者)〕3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ヘレニエン(キサントフィル脂肪酸エステル混合物)

起源

  • マリーゴールドの花弁から抽出したキサントフィル脂肪酸エステル混合物である.

主構成成分

  • キサントフィルのジパルミチン酸エステル

化学名

  • β-Carotene-4,4′-diol dipalmitate

分子式

  • C72H116O4

分子量

  • 1045.71


★リンクテーブル★
リンク元heleniene

heleniene」

  [★]

ヘレニエン

helenien




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡