ヘルパーウイルス

出典: meddic

helper virus
介助ウイルス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/15 10:41:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • デルタ(D型)肝炎--総論 (新時代のウイルス性肝炎学--基礎・臨床研究の進歩)
  • ロタウイルスの感染性クローンの開発と病原性解析 (感染現象--その理解の深化から疾患制御への展望) -- (ウイルスと宿主の相互作用)
  • 河本 聡志,谷口 孝喜
  • 蛋白質核酸酵素 54(8), 934-939, 2009-06
  • NAID 40016686001

関連リンク

アデノウイルスベクターは高い遺伝子導入効率,簡便な濃縮法による高濃度ベクター 調製が容易で. あること,神経など静止期の細胞への遺伝子導入が .... ス由来の蛋白質 は全て ヘルパーウイルス から供給し,作製. 後に塩化 ...
栄養・生化学辞典 ヘルパーウイルスの用語解説 - 特定のタンパク質がないために増殖能を欠いたウイルスに対して,そのタンパク質を供給することによって増殖を可能にするウイルス.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ウイルス

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡