ヘマトイジン

出典: meddic

hematoidin
類血素
ビリルビン

和文文献

  • 頭蓋内出血を示唆するヘマトイジン結晶
  • 田中 雅美,宿谷 賢一,三島 由祐子,菅野 信子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 57(7), 979-981, 2008-07-25
  • NAID 10026955278
  • 子宮頸部擦過細胞診標本に認められたいわゆるヘマトイジン結晶 : 第38回日本臨床細胞学会総会学術集会 : 子宮頸部III
  • 西田 秀昭,橋本 哲夫,谷本 一夫,國實 久秋
  • 日本臨床細胞学会雑誌 36(Suppl.1), 92, 1997-03
  • NAID 110001227487

関連リンク

デジタル大辞泉 - ヘマトイジンの用語解説 - ⇒ビリルビン ... 出典|小学館 この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
【ベストアンサー】ヘマトイジン=ビリルビンです。 http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/e/e92.htm
Q and A 24.ヘマトイジン結晶の生成と臨床的意義を教えて下さい (WEBクイズ Sさんより) 質問の回答

関連画像

☆第105回医師国家試験☆高ビリルビン血漿の診断には 34ドクターPGの備忘録


★リンクテーブル★
リンク元ビリルビン

ビリルビン」

  [★]

bilirubin
ヘマトイジン類血素 hematoidin
黄疸

血清ビリルビンの由来

  • 70-80%が網内系での老廃赤血球の破壊に由来、20-30%が骨髄での無効増血と肝臓での代謝回転の早いヘム由来のシャントビリルビンに由来。
  • 70-75%が脾臓、肝臓などで老化赤血球に由来、10-20%が骨髄の無構造血、約10%が肝臓などのヘム蛋白に由来。1日に250-300mg生成される。
  • 細網系由来:ヘモグロビンは細胞内秘計でヘムとグロビンに分解され、ヘムはヘムオキシゲナーゼにより開裂切断を受けてビリベル人となり、さらにビリベル人還元酵素の作用を受けて遊離型ビリルビンになる。遊離型ビリルビンは水溶性が低いため血中で血清アルブミンと結合して存在し、肝臓に運ばれてミクロソーム内のUDP-グルクロニダーゼにより、グルクロン酸抱合されて抱合型ビリルビンとなる。抱合型ビリルビンの大部分は胆道系を経て胆汁に排泄され、一部は血液中に漏れだし、尿中に排泄される。胆汁中の縫合ビリルビンは腸内に排泄され腸内細菌により還元されウロビリノゲン隣、大部分は便中に排泄される。一部のウロビリノゲンは小腸で再吸収されて血液中に移行し、大部分は肝臓で処理され胆汁に移行(腸肝循環)するが、一部は尿中に排泄される(LAB.563)。

基準値

血清ビリルビン

単位:1 μmol/L = 0.058 mg/dl

(流れが分かる臨床検査マニュアル上 p.13)

HIM.A-4

  • total bilirubin: 5.1-22μmolL, 0.3-1.3 mg/dl
  • direct bilirubin: 1.7-6.8μmolL, 0.1-0.4 mg/dl
  • indirect bilirubin: 3.4-15.2μmolL, 0.2-0.9 mg/dl

ビリルビンの吸収波長

  • 450-460nm


臨床関連






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡