ヘボン

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/31 04:41:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 木村一・鈴木進編, 『J. C. ヘボン和英語林集成 手稿-翻字・索引・解題-』, 2013年5月30日発行, 三省堂刊, B5判横組み, 784頁, 23,000円+税, ISBN978-4-385-36514-5
  • 『呉淞日記』にみる岸田吟香とヘボン : 『和英語林集成』の編纂と使節団との交流を中心に

関連リンク

ヘボン式ローマ字で有名なヘボンさん。江戸時代末期にアメリカから来日し、数々の偉業 を成し遂げ、神奈川県の偉人に数えられるほどの人なのです。
ジェームス・カーティス・ヘボン(英語: James Curtis Hepburn:1815年3月13日 - 1911 年9月21日)は、米国長老派教会系医療伝道宣教師であり、 ヘボン式 ... 1871年(明治 4年)、ヘボン塾の女子部が同僚の宣教師、メアリー・キダーにより洋学塾として独立。

関連画像

ヘボンの自筆ノート、横浜開港 ヘボン(Clara Leete Hepburn, 1818  ヘボン博士のプロフィール ・人物詳細ページ (ヘボン



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡