ヘプタペプチド

出典: meddic

heptapeptide

和文文献

  • 口腔乾燥症に対する催唾剤の開発の試み
  • 阿部 公生
  • 歯科医学 63(1), 55-63, 2000-03-25
  • … 酸を除いたペプチドを合成し検索した.その結果, N末とは異なり, C末のアミド基は催唾作用発現に必須であることが明らかになったのでC末のアミド基を保持し, しかも18個のアミノ酸とそれぞれ置換したヘプタペプチドを126(7×18)個合成し検索した.そして, physaのC末のペンタペプチドのアミノ酸配列はほぼ最適であり, 5と6位が催唾活性の調節部位であると判定できた.そこで, さらにphysaのN末の1?4位の置換体(72個)にも検 …
  • NAID 110001724140
  • δ-オピオイド受容体にユニークなアンタゴニスト活性を有するデルトルフィンヘプタペプチドアナログ
  • 千葉 貴子
  • 福島女子短期大学研究紀要 (31), 95-100, 1999
  • NAID 40003317893

関連リンク

「フィロックス成分 A.ヘプタペプチド」は「米子市のエステ Cellule~セリュール~」内の ページです.
アンジオテンシンIIはACE2により、血管拡張作用と抗増殖作用を有するヘプタペプチド であるアンジオテンシン-(1-7)へと変換される。 アンジオテンシンの原料となるアンジオ テンシノーゲンは肝臓で産生され、肥大化脂肪細胞からも産生・分泌される。

関連画像

Column: Resolux 200、 C18 、 4,6 成分 A.ヘプタペプチド ヘプタペプチドパターン及び 成分 A.ヘプタペプチド 高性能逆相HPLCカラム Resolux ゴマのツブ焼き: 2010年8月の



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡