ヘパリン化

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹部大動脈瘤手術時の硬膜外併用に関するアンケート結果
  • 川谷 康,菅原 真哉,神谷 一郎 [他]
  • 麻酔 58(3), 363-377, 2009-03
  • NAID 40016487458

関連リンク

ワルファリン、リバーロキサバン、ダビガトランなどによる抗凝固療法、あるいはアスピリン、チクロピジン、クロピドグレル、シロスタゾールなどによる抗血小板療法を施行中の患者さんは血液が固まりにくい状態になっています。
「ヘパリン化」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「ヘパリン化」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! ... 教えてください。 手術前より ヘパリン化 を行い現在行っています。急ににヘパリ... 教えてください。 手術前より ...
Q14.ヘパリンはどのようにして使われているのでしょうか。 ヘパリンとは、抗凝固剤のことです。血液透析では、血液を体外に導出して体外循環を行い、再び 体内に戻す操作を連続的に行います。その都度、血液はダイア ...

関連画像

低分子化ヘパリン、その製造法 ヘパリンは長鎖ジアルキル基と  ヘパリン など の 硫酸 化親脂質性ヘパリン修飾体、その


★リンクテーブル★
関連記事ヘパリン」「リン

ヘパリン」

  [★]

heparin
ヘパリンナトリウムヘパリンカルシウム
カプロシンヘパフィルドペミロックデリバデクスノボ・ヘパリンヘパフラッシュ。(軟膏)ペセタ
血液凝固因子抗凝固薬(抗凝血薬)

構造

作用機序

薬効薬理

カプロシン注2万単位/20mL/**カプロシン注5万単位/50mL/**カプロシン注10万単位/100mL
  • 血液凝固阻止作用5~9)
  • (1) ヘパリンはO-及びN-硫酸基を持ったムコ多糖類で、その強い陰イオン活性によって蛋白質と反応し、抗凝血作用をあらわす。
  • (2) ヘパリンは、ヘパリンCo-factor(Antithrombin III)と結合することにより、種々の活性化凝固因子(トロンビン、Xa、IXa、XIa、XIIa)に対する阻害作用を促進して抗凝血作用を発揮する。

薬理作用

  • 抗凝固作用

動態

相互作用

臨床検査

  • 赤沈、血液生化学検査の採血の際、抗凝固薬として用いる。  ←  血算にはEDTA・2Kを用いる。ヘパリンを用いると血小板が凝集してしまう。

ヘパリンとワルファリンの比較

[display]http://kusuri-jouhou.com/pharmacology/myocardial-infarction.html
より
also see YN.G-96
  ワルファリン ヘパリン
投与方法 経口可能 注射のみ
in vitro 有効 有効
in vivo 有効 無効
その他 遅行性(12~36時間有する) ヘパリナーゼ(肝臓)で分解
持続性(2~5日有効)  

参考

  • カプロシン注2万単位/20mL/**カプロシン注5万単位/50mL/**カプロシン注10万単位/100mL
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3334400A5033_1_01/3334400A5033_1_01?view=body




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡