ヘパトグラム

出典: meddic


和文文献

  • 直接積分線形最小2乗法による簡便なヘパトグラム解析法の開発 (第1報) 原理と基礎的検討, 非線形最小2乗法との比較

関連リンク

解析方法、定量法: 静注直後からの動態撮像データから、心臓(H)および肝臓(L)に 関心領域を設定して時間-放射能曲線(ヘパトグラム)を作成します。これより、血中 クリアランスおよび肝摂取率、肝排泄率を計算し、肝機能、胆汁排泄機能を定量評価 できます。
ただし、ヘパトグラム解析など一定条件下で検査を行ないたい場合や、胆嚢描出の有無 、胆嚢収縮能を確認したい場合は、食事により胆嚢が収縮し99mTc-PMTによる胆嚢の 描出が抑制されることを防ぐため、最低4~6時間以上の絶食が必要となります1,2)。

関連画像

消化器 肝胆道シンチグラフィ マインクラフト レシピ ps


★リンクテーブル★
リンク元時間放射能曲線
関連記事ラム

時間放射能曲線」

  [★]

time-activity curve time activity curve TAC
ヘパトグラム



ラム」

  [★]

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡