プロモーター配列

出典: meddic

promoter element
プロモーター領域プロモーターエレメント

和文文献

  • 遺伝子組換えトウモロコシスクリーニング検査のための二重リアルタイムPCR定量法の妥当性確認
  • 高畠 令王奈,小岩 智宏,笠原 正輝,高島 かおり,布籐 聡,峯岸 恭孝,穐山 浩,手島 玲子,小口 太一,真野 潤一,古井 聡,橘田 和美
  • 食品衛生学雑誌 52(4), 265-269, 2011
  • 以前報告した,遺伝子組換え(GM)トウモロコシ二重リアルタイムPCR定量法に関して,試験室間共同試験による妥当性確認を行った.本分析法は,カリフラワー・モザイク・ウイルス35Sプロモーター配列と,GA21系統特異的配列を同時に検出可能である.本室間共同試験によって,混入率算出の際に必要となる内標比が実験的に決定された.また,ブラインド定量試験の結果から,本分析法の定量下限値は0.5%以下と見積もら …
  • NAID 130001077724
  • 遺伝子組換えトウモロコシのスクリーニング検査のための二重リアルタイムPCR定量分析法の開発
  • 小口 太一,大西 真理,峯岸 恭孝,黒澤 康紀,笠原 正輝,穐山 浩,手島 玲子,布藤 聡,古井 聡,日野 明寛,橘田 和美
  • 食品衛生学雑誌 50(3), 117-125, 2009
  • 遺伝子組換え(GM)トウモロコシの新たな定量的スクリーニング分析法として,二重リアルタイムPCR法を開発した.開発した方法は,現在別々に実施されているCaMV35Sプロモーター配列(P35S)とこれを含まないGA21系統特異的配列の検出を1回の反応で同時に実施することができる.また,本二重PCR法での使用に最適化した新設計のキャリブレータプラスミドも同時に開発した.室内試験によって本法の精度を検証 …
  • NAID 130000135377

関連リンク

UPエレメント コアプロモーターエレメント core promoter element という、-10ボックスも-35ボックスも含む極めて強いプロモーターには、さらに上流にUPエレメント UP element または上流要素 upstream element と呼ばれる特殊な塩基配列を ...
【RNAポリメラーゼ】より …結果として,鋳型DNAに対し相補的な塩基配列をもつRNAが合成される(遺伝情報の転写)。反応過程は,まずDNA上のRNA合成開始を指令する塩基配列部位(プロモーター)に酵素が結合し,DNAの二重らせん構造を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元プロモーター領域」「promoter element」「プロモーターエレメント
関連記事配列」「プロモーター」「」「プロ」「モーター

プロモーター領域」

  [★]

promoter region
初期プロモータプロモータプロモータープロモーター配列後期プロモータープロモーターエレメントrRNAプロモーターミドルプロモータ

promoter element」

  [★]

プロモーター領域プロモーター配列プロモーターエレメント

promoter region、promotor region


プロモーターエレメント」

  [★]

promoter element
プロモーター領域プロモーター配列


配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();

プロモーター」

  [★]

promoter


表2 大腸菌発現プロモーターのコンセンサス配列
プロモーター -35 region -10 region
コンセンサス配列 TTGACA TATAAT
lacUV5 TTTACA TACAATG
tac TTTACA TTTAATG
λPL TTGACA ATAAT
lac TTTACA TATGTT
trp TTGACA TTAACTA

参考

  • プロメガ
[display]http://www.promega.co.jp/jp/jp_tech/FAQs/Q&A_EcoliS30.html


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、

プロ」

  [★]

pro

モーター」

  [★]

motor
運動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事