プロペルジン

出典: meddic

プロパージン

和文文献

  • 34 血清プロペルジン量測定について(第9回日本アレルギー学会総会記録)
  • 吉田 赳夫,山本 恵一郎,山中 太木
  • アレルギー 9(2), 152, 1960-02-01
  • NAID 110002407764
  • リノール酸製剤(プロペルジン)使用による血中脂質の変動について

関連リンク

世界大百科事典 第2版 プロペルジンの用語解説 - ところが,細菌やウイルスの一部には,抗体がなくても直接補体と反応できるものがあることがわかってきた。これらの細菌やウイルスは,C1,C4,C2とは異なる血清中のタンパク質成分 ...
一方、酵母の細胞壁多糖類と反応する易熱性の血清タンパク質プロペルジン(B因子)の存在が示され、C1、C4、C2とは無関係に、C3の活性化からはじまる補体活性化反応が知られるようになった。この経路を補体の副経路(alternative ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元プロパージン
関連記事プロ

プロパージン」

  [★]

properdin
プロパジンプロペルジン
factor P
補体complement-regulatory protein
[show details]


  • 補体alternative pathwayに関与
  • 外来異物表面上でC3 convertase enzyme(C3bBb複合体)を安定化する作用がある。(IMM.71)


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡