プロピオン酸フルチカゾン

出典: meddic

フルチカゾン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P19-7 プロピオン酸フルチカゾン/サルメテロール合剤投与開始後の気管支喘息安定例におけるステップダウンの検討(P19 喘息吸入薬,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 弓野 陽子,数寄 泰介,野尻 さと子,小島 淳,石川 威夫,沼田 尊功,中山 勝敏,桑野 和善
  • アレルギー 59(9・10), 1456, 2010-10-30
  • NAID 110008084276
  • 喘息の治療と管理におけるサルメテロール/フルチカゾン製剤の費用対効果―プロピオン酸フルチカゾンとの比較検討―
  • 東田 有智,西間 三馨,荒川 一郎 [他],白神 誠,宮本 昭正
  • YAKUGAKU ZASSHI 130(4), 593-603, 2010
  •   We commenced to estimate the economic impact of salmeterol/fluticasone combination (SFC) therapy compared to fluticasone propionate (FP) therapy for asthma control in Japanese patients. A Markov mod …
  • NAID 130000259552
  • プロピオン酸フルチカゾン・ディスクヘラー使用後の掃除に関する実態調査と掃除方法の検討
  • 野澤(石井) 玲子,藤田 謙,伊勢 雄也 [他],片山 志郎,竹内 幸一
  • 藥學雜誌 129(3), 365-372, 2009-03-01
  • When a fluticasone propionate (FP) diskhaler is used to administer inhaled corticosteroid, it has been reported that there is considerable drug residue remaining in the diskhaler after use. The intern …
  • NAID 110007123162

関連リンク

プロピオン酸フルチカゾンとは。効果、副作用、使用上の注意。副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン剤を含む外用剤です。サルコートは、びらんまたは潰瘍(かいよう)を伴う治りにくい口内炎の治療に使われる口腔内噴霧剤、パルミ ...
成分(一般名) : フルチカゾン プロピオン酸エステル 製品例 : フルナーゼ点鼻液50μg28~56噴霧用、小児用フルナーゼ点鼻液25μg56噴霧用 ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 耳鼻科用剤/副腎皮質ホルモン/定量噴霧式鼻過敏症 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 定量噴霧式鼻過敏症治療剤

販売名

フルチカゾン点鼻液25μg小児用「日医工」56噴霧用

組成

 容量(1容器中)

  • 4mL

 成分・含量

  • 1mL中 フルチカゾンプロピオン酸エステル0.51mg
    1回噴霧中 フルチカゾンプロピオン酸エステル25μg

 添加物

  • ベンザルコニウム塩化物、セルロース・CMC-Na、グリセリン、プロピレングリコール、クエン酸、クエン酸Na、香料、グリセリン脂肪酸エステル

禁忌

  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者[症状を増悪するおそれがある]
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎
  • 小児には、通常1回各鼻腔に1噴霧 (フルチカゾンプロピオン酸エステルとして25μg) を1日2回投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日の最大投与量は、8噴霧を限度とする。

慎重投与

  • 鼻咽喉感染症の患者[症状を増悪するおそれがある]
  • 反復性鼻出血の患者[出血を増悪するおそれがある]

重大な副作用

 アナフィラキシー様症状

(頻度不明)

  • アナフィラキシー様症状(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

 薬力学的試験による生物学的同等性試験

 鼻腔抵抗抑制作用

  • Ovalbumin及び水酸化アルミニウムゲルで感作したモルモットを用いて、本薬と標準薬を点鼻投与して鼻腔抵抗増加率を比較検討した結果、両剤は抗原誘発遅発型の鼻腔抵抗増加を有意に抑制した。また、両剤間の効果に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。1)

 血管透過性亢進抑制作用

  • Ovalbuminで能動感作したモルモットを用いて、本薬と標準薬を点鼻投与して鼻汁中色素漏出量を比較検討した結果、両剤は鼻粘膜血管透過性亢進を有意に抑制した。また、両剤間の効果に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。1)

有効成分に関する理化学的知見

 一般名:

  • フルチカゾンプロピオン酸エステル
    (Fluticasone Propionate)

 化学名:

  • S -Fluoromethyl 6α,9α-difluoro-11β-hydroxy-16α-methyl-3-oxo-17α-propionyloxyandrost-1,4-diene-17β-carbothioate

 分子式:

  • C25H31F3O5S

 分子量:

  • 500.57

 構造式:

 性状:

  • 白色の微細な粉末である。ジメチルスルホキシドに溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール (99.5) に溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元耳鼻科用剤」「fluticasone propionate
関連記事プロピオン酸」「フルチカゾン」「」「プロ」「ロピオン

耳鼻科用剤」

  [★]

商品


fluticasone propionate」

  [★] フルチカゾンプロピオン酸フルチカゾン


プロピオン酸」

  [★]

propionic acid
プロパン酸プロパン
カルボン酸


  • プロピオン酸(プロピオンさん、propionic acid)は示性式CH3CH2COOH、分子量74.08のカルボン酸。IUPAC命名法ではプロパン酸 (propanoic acid) となる。CAS登録番号は79-09-4。

物性

反芻動物におけるプロピオン酸

ヒト(非反芻動物を含む)におけるプロピオン酸

代謝

HBC. 169
プロピオン酸血症
メチルマロン酸尿症


誘導体

臨床関連


フルチカゾン」

  [★]

fluticasone
プロピオン酸フルチカゾン fluticasone propionate
アドエアアラミストキリガミールスカイロンファビフルタイドフルチカノーズフルナーゼフロラーズミリカレットフルナーゼFlonase, Flovent
耳鼻科用剤





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

プロ」

  [★]

pro


ロピオン」

  [★] フルルビプロフェンアキセチル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3