プロタミン

出典: meddic

protamine
硫酸プロタミン protamine sulfate


  • 例えば、インスリンアスパルトにプロタミンを添加したも皮下組織でインスリンアスパルトの解離が遅延し血中への移行が緩徐となる。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/15 15:33:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • A-3 シリカに吸着したプロタミンの坑菌効果について(細胞・毒性・生体用セラミックスI,一般講演(口頭発表),第58回日本歯科理工学会学術講演会)
  • 成澤 英明,趙 漢撤,片岡 有,玉置 幸道,宮崎 隆
  • 日本歯科理工学会誌 30(5), 287, 2011-09-25
  • Protamines are well known basic peptides with anti-bacterial effects used as natural food preservatives. Previous researches indicated the possibility of adherence of protamine to the surface of silic …
  • NAID 110008790510
  • 抗凝固薬・抗血小板薬内服中の患者における出血性合併症への対処法 (特集 救急薬剤プラクティカルガイド) -- (救急薬剤の基礎)

関連リンク

プロタミン(英: protamine)は、魚類の精巣から抽出されるタンパク質の主成分である。 食品添加物として用いられており、塩基性で水に溶け、耐熱性芽胞菌に対して増殖抑制 効果を持つ。このペプチドは、細胞膜の溶解または透過性亢進を引き起こすことなく、 ...
2008年9月27日 ... プロタミン(ヘパリンの中和薬) プロタミンはヘパリンの中和薬として良く知られています。 未分画ヘパリン( ... プロタミンの作用機序は、プロタミンがヘパリンとイオン結合し、抗 凝固活性を欠く安定複合体を形成するというものです。なお、ヘパリン ...

関連画像

ノボ・硫酸 プロタミン 静注用 の脂肪を含み、プロタミン プロタミンの脂質吸収抑制 ヘップ NeutraHep, プロタミン プロタミン:ヘパリンの中和ヘップ NeutraHep, プロタミン

添付文書

薬効分類名

  • <detail charfmt = "bold">ヘパリン拮抗剤

販売名

ノボ・硫酸プロタミン静注用100mg

組成

  • 本剤は1バイアル(10mL)中に下記成分を含む。(組成及び性状の表参照)

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • ヘパリン過量投与時の中和、血液透析・人工心肺・選択的脳灌流冷却法等の血液体外循環後のへパリン作用の中和
  • 通常、へパリン1,000単位に対して、本剤1.0〜1.5mL(プロタミン硫酸塩として10〜15mg)を投与する。
    ヘパリンの中和に要するプロタミン硫酸塩量は、投与したヘパリン量及びヘパリン投与後の時間経過により異なるので、本剤の投与量はプロタミンによる中和試験により決める。
    投与に際しては、通常1回につき本剤5mL(プロタミン硫酸塩として50mg)を超えない量を、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液100〜200mLに希釈し、10分間以上をかけて徐々に静脈内に注入する。

慎重投与

  • 本剤又はプロタミン含有インスリン製剤の投与歴のある患者(「重要な基本的注意」の項参照)
  • アレルギー素因のある患者

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • 本剤投与直後にショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、患者の状態を十分に観察し、血圧低下、脈拍異常、冷汗、呼吸困難、発赤、意識レベルの低下等、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、血圧の維持、体液の補充管理、気道の確保等の適切な処置を行うこと。

肺高血圧症(頻度不明)

  • 肺高血圧症(肺動脈圧の上昇、血圧低下、頻脈等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

呼吸困難(頻度不明)

  • 急速投与により呼吸困難があらわれることがあるので、投与速度に留意し、症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • プロタミンのヘパリンに対する中和作用を量的に検討するため、化学的な滴定法、比濁法、生物学的な凝固法、BP法(以上in vitro法)及びマウスにおけるin vivo法によって測定すると、プロタミンによるヘパリンの平均中和量は、プロタミン1mgに対してヘパリン89.9〜109.8単位であった2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • プロタミン硫酸塩(protamine sulfate)

本質

  • プロタミンはサケ科などの魚類の成熟した精巣から得た塩基性ポリペプチドであり、本品はその硫酸塩である。

性状

  • プロタミン硫酸塩は白色の粉末である。本品は水にやや溶けにくい。


★リンクテーブル★
国試過去問103E008
リンク元protamine」「ノボラピッド30ミックス
拡張検索硫酸プロタミンテスト」「ヌクレオプロタミン」「二相性プロタミン結晶性インスリンアナログ水性懸濁注射液
関連記事プロ

103E008」

  [★]

  • 薬剤とその拮抗薬の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E007]←[国試_103]→[103E009

protamine」

  [★] プロタミン

WordNet   license wordnet

「a simple protein found in fish sperm; rich in arginine; simpler in composition than globulin or albumin; counteracts the anticoagulant effect of heparin」

ノボラピッド30ミックス」

  [★] インスリンアスパルト

その他のホルモン剤

溶解インスリンアスパルト:プロタミン結晶性インスリンアスパルト = 3:7


硫酸プロタミンテスト」

  [★]

protamine sulfate test
パラコアグレーションテスト paracoagulation test


ヌクレオプロタミン」

  [★]

nucleoprotamine
プロタミン


二相性プロタミン結晶性インスリンアナログ水性懸濁注射液」

  [★]

ノボラピッド30ミックス


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡