プロスタグランジンE2受容体

出典: meddic

PGE2 receptor
プロスタグランジンE2
[show details]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PS-007-1 スキルス胃癌に対するプロスタグランジンE2受容体(EP2)阻害剤の有効性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)
  • 福岡 達成,八代 正和,森崎 珠実,大北 仁裕,青松 直撥,長谷川 毅,平川 俊基,吉井 真実,松岡 順子,櫻井 克宣,天野 良亮,野田 英児,久保 尚士,田中 浩明,六車 一哉,山田 靖哉,前田 清,仲田 文造,大平 雅一,平川 弘聖
  • 日本外科学会雑誌 113(臨時増刊号_2), 506, 2012-03-05
  • NAID 110009548751
  • プロスタグランジンE2受容体の関節軟骨細胞における発現--変形性関節症の治療標的となりうるか?
  • 増子 佳世,遊道 和雄,中村 洋
  • 日本女性科学者の会学術誌 10(1), 47-51, 2009
  • Accumulating data strongly suggest that prostaglandin E2 (PGE2) exerts a variety of bioactivity in articular chondrocytes via its receptors (EP receptors). In addition, it has been suggested that isof …
  • NAID 130001238246

関連リンク

表 プロスタグランジン受容体ファミリー ファミリー 受容体 主な内因性リガンド 主な細胞内シグナル 神経機能に関わる主な役割 プロスタノイド受容体ファミリー Relaxant receptor DP1 PGD 2 G s: cAMP上昇 睡眠促進、摂食促進、筋萎縮性側索 ...
プロスタグランジンE2(英: Prostaglandin E2, PGE2)は生理活性物質であるプロスタグランジンの一種であり、PGE受容体を介して発熱や破骨細胞による骨吸収、分娩などに関与している。PGE2の誘導体(ジノプロストン)は陣痛促進や治療 ...

関連画像

Patent Drawingプロスタグランジン受容体 因子「プロスタグランジンE2  プロスタグランジン - 脳科学prev nextPatent Drawing


★リンクテーブル★
リンク元プロスタグランジンEレセプター」「PGE2 receptor」「PGE2レセプター」「PGE2受容体
関連記事受容体」「プロスタグランジンE2」「プロスタグランジン」「E」「タグ

プロスタグランジンEレセプター」

  [★]

prostaglandin E receptor
プロスタグランジンE2受容体プロスタグランジンE受容体


PGE2 receptor」

  [★] プロスタグランジンE2受容体


PGE2レセプター」

  [★] プロスタグランジンE2受容体


PGE2受容体」

  [★] プロスタグランジンE2受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

プロスタグランジンE2」

  [★]

prostaglandin E2, PGE2
ジノプロストン dinoprostone
プロスタグランジンE2、プロスタルモン・E
プロスタグランジン


種類

分類

性状

産生組織

標的組織

受容体

  • プロスタグランジンE2受容体

作用

  • 血管拡張 (SPC.108)
  • 気管支拡張 (SPC.108)
  • 子宮収縮 (SPC.108)
  • 発熱 (SPC.108)
  • 発痛 (SPC.108)

=体液調節

腎髄質間質細胞や尿細管上皮で産生される
相反する作用を及ぼすらしい
  • レニン分泌刺激 → Na+再吸収を亢進 (SP.793)
  • 太いヘンレループ上行脚・集合管に作用 → Na+再吸収を抑制 (SP.792)

発熱

  • IL-1の作用により体温調節中枢にPGE2が発現し、その量に応じて体温のセットポイントが上昇する (SPC.363)
アスピリンによりPGE2が減少することで、体温のセットポイントを正常化する

分泌の調整

分子機構

臨床関連

生合成

禁忌

  • 1. 骨盤狭窄、児頭骨盤不均衡、骨盤位等の胎位異常のある患者(正常な経腟分娩が進行せず、母体及び胎児への障害を起こすおそれがある。)
  • 2. 前置胎盤(出血及び胎盤の圧迫により、胎児に障害を起こすおそれがある。)
  • 3. 常位胎盤早期剥離(緊急な胎児娩出が要求されるため、外科的処置の方が確実性が高い。)
  • 4. 胎児仮死のある患者(子宮収縮により胎児の症状を悪化させるおそれがある。)
  • 5. オキシトシン、ジノプロスト (PGF2α) を投与中の患者

効能又は効果

  • 妊娠末期における陣痛誘発並びに陣痛促進

添付文書

  • プロスタグランジンE2錠0.5mg「科研」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2499005F1030_2_03/2499005F1030_2_03?view=body




プロスタグランジン」

  [★]

prostaglandin, PG
プロスタグランジン受容体アラキドン酸カスケード

種類

プロスタグランジンの腎臓における作用

PRE.43
  • AHDは腎臓の様々な細胞・組織(ヘンレループ太い上行脚、集合管、腎髄質の間質、糸球体メサンギウム)でプロスタグランジンの産生を誘導する。ここで産生されたプロスタグランジンはADHの小売り様作用と血管に対する作用の両方を阻害する。抗利尿作用はADHによりGi,Gqを介したcAMP産生の抑制による。プロスタグランジンは局所に作用しADHが過剰に働かないように振る舞う。
→ NSAIDと腎障害の関係 NSAID腎症




E」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 5th letter of the Roman alphabet」
e


タグ」

  [★]

標識目印タグをつける




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡