プロコラーゲンIIIペプチド

出典: meddic

procollagen III peptide, P-III-P, PIIIP


和文文献

  • プロコラーゲンIIIペプチド(PIIIP)
  • 三宅 良彦
  • 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 8(1), 135, 2000-03-20
  • NAID 110002936694

関連リンク

コラーゲンは,3本のペプチドがヘリックスを形成している分子で,結合組織の構成成分として広く生体内に分布している。プロコラーゲンは,コラーゲンの合成過程における前駆体で,ペプチド鎖のN末端とC末端にプロコラーゲンペプチドを ...
臨床的意義 コラーゲンが生成される際、プロコラーゲンから遊離するペプチド。肝炎から肝硬変への進展時に、肝臓の線維化を示す指標。 プロコラーゲンペプチドは、膠原線維の構成成分であるコラーゲンが生成される時に、プロ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みPIIIP
リンク元P-III-P」「procollagen III peptide
関連記事コラーゲン」「I」「II」「プロコラーゲン」「プロ

PIIIP」

  [★] III型プロコラーゲンN末端ペプチド


P-III-P」

  [★] プロコラーゲンIIIペプチド


procollagen III peptide」

  [★] プロコラーゲンIIIペプチド


コラーゲン」

  [★]

collagen
膠原
  • first aid step1 2006 p.85,86,114,288,291,292,301,306,319,321,385,427

遺伝子

  • COL1A1 17q22
  • COL1A2 7q22.1
  • COL2A1 12q13
  • COL11A2 6p21.3
これらの遺伝子の変異による結合組織疾患はdominant negative mutationである。

臨床関連

コラーゲンの種類

  • HIS.97 NDE.5
  場所
I型コラーゲン 狭義の結合組織象牙質セメント質に存在
II型コラーゲン 硝子軟骨弾性軟骨
III型コラーゲン 細網線維
IV型コラーゲン 基底板の緻密板を作る
V型コラーゲン I型コラーゲンと関連。胎盤に存在
VII型コラーゲン 基底板細網線維に付着。anchoring fibril
XVII型コラーゲン ヘミデスモソーム基底板を連結

生合成



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


II」

  [★]


プロコラーゲン」

  [★]

procollagen
プロコラーゲンIIIペプチド


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡