プルシナー

出典: meddic

和文文献

  • ノーベル賞と医学の進歩・発展(29)プリオン病と2人のノーベル賞学者 : カールトン・ガイデュシェックとスタンレー・プルシナ
  • ノーベル賞からみた免疫学入門(6)免疫学の新しい課題(23)新しい病原体(スローウイルス・プリオン)の究明--ガイジュセクとプルシナーの業績

関連リンク

「スタンリー・プルシナー」とは - スタンリー・プルシナー、M.D.、(カリフォルニア大学サンフランシスコ医学部):人の狂牛病といわれる新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の要因とされるプリオンの発見により199...
実はプルシナーは異常型プリオン蛋白質が病原体そのものであることの直接証明はできていない。彼と彼を支持するグループが提出しているデータはすべて状況証拠である。試験管内で感染性を持つ異常型プリオン蛋白質を作り出す ...

関連画像

スタンリー・B・プルシナー スタンリー・プルシナー氏スタンリー・B・プルシナープルシナーがノーベル賞を

添付文書

薬効分類名

  • 矯味・矯臭剤

販売名

lーメントール「ヤマゼン」

組成

  • 本品1g中、日局 l−メントール1gを含有する。

効能または効果

  • 芳香・矯味・矯臭の目的で調剤に用いる。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡