プリン生合成

出典: meddic

purine biosynthesis

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎移植患者におけるミコフェノール酸モフェチル投与量とサイトメガロウィルス感染及び下痢発現との関係
  • 戸田 貴大,元木 孝,黒澤 菜穂子 [他],大和田 榮治,阿知波一 人,結城 祥充,唯野 貢司,高橋 保志,下田 直彦,新藤 純理,原田 浩,関 利盛,平野 哲夫
  • 藥學雜誌 125(2), 177-185, 2005-02-01
  • … MPAは, de novoプリン生合成経路の律速酵素であるイノシンモノホスフェイト脱水素酵素を不競合的, 可逆的かつ特異的に阻害することにより, 免疫抑制効果を現わす. …
  • NAID 110003666165
  • ミゾリビンの血管型拒絶反応に対する治療効果の検討 : ブタ同種移植モデルの確立
  • 劉 大革,小林 孝彰,長坂 隆治,打田 和治,両角 國男,横山 逸男,中尾 昭公
  • 日本外科学会雑誌 103(臨時増刊), 170, 2002-03-10
  • NAID 110003949738
  • 新規免疫抑制薬Mycophenolate Mofetil (CellCept^<【○!R】>)の薬理学的特徴
  • 八島 由紀彦,大金 亨
  • 日本薬理学雑誌 117(2), 131-137, 2001-02-01
  • 新規免疫抑制薬mycophenolate mofetil(MMF,CellCept<SUP>®</SUP>)は, 真菌由来化合物であるmycophenolic acid(MPA)の経口的バイオアベイラビリティを改善する目的で合成されたプロドラッグで, 腎移植後の難治性拒絶反応の治療薬である.MPAはGTPのde novo合成における律速酵素であるIMP dehydrogen …
  • NAID 10007365597

関連リンク

プリン塩基の生合成には、新生経路(デノボ経路、de novo pathway)とサルベージ経路 の二系統のプリン塩基合成経路が存在する。 新生経路は5-ホスホ-α-D-リボシル二リン 酸を出発物質として、グルタミン、グリシン、アスパラギン酸から ...

関連画像

Purine_chemical_structure.pngIMPからのAMP, GMPの合成 -小腸核酸プリン体は、 de novo 経路と 主な プリン 誘導体 1 プリン


★リンクテーブル★
関連記事リン」「プリン」「合成」「生合成

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基



合成」

  [★]

synthesissynthesesconstructionelaborationsynthesizesynthetic
建設構成合成的作成生成同化同化作用総合的



生合成」

  [★]

biosynthesisbiosynthesesbiogenesisbiosyntheticbiogenetic
生物発生バイオジェネシス生物発生的





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡