プリン作動性神経

出典: meddic


和文文献

  • O-15.プリン作動性神経によるニワトリ前腸間膜動脈縦走平滑筋の抑制性調節(血管2,一般口演,一般演題,第51回日本平滑筋学会総会)
  • Walyed Alkayed Feras,椎名 貴彦,Boudaka Ammar,武脇 義,志水 泰武
  • 日本平滑筋学会雑誌 13(1), "J-10", 2009-06-19
  • NAID 110007331999
  • 家兎膀胱収縮に対するコリン作動性及びプリン作動性神経の関与 : 正常及び脊損膀胱での比較
  • 横田 崇,山口 脩,相川 健,宍戸 啓一,鶴谷 善昭,白岩 康夫
  • 日本泌尿器科學會雜誌 86(1), 177, 1995-01-20
  • NAID 110003068998

関連リンク

これらの困難さ故に、多くの神経生物学者は、以下の4つのクライテリアを満たさない限り、神経伝達物質とは認めない。 1.ニューロンで合成されること 2.前シナプス末端に存在し、十分な量が放出されることで後シナプス ...
・・・ プリン作動性神経 が存在する” ...と 提案 しています」 「 ... “プリン作動性神経” の... 提案 ですか?」 「そうです,...」外山が言った。「ええと...いいですか...順を追って話しましょう」 「はい ...

関連画像

代謝によるグルタミン酸の輸送 褐色脂肪の機能に関する 国際生理学会(京都)に参加 アデノシン三リン酸(ATP)⑥ Macrolides―― マクロライド系 wpe1D.jpg (34276 バイト)


★リンクテーブル★
関連記事リン」「神経」「プリン」「作動」「作動性神経

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基



作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行

作動性神経」

  [★]

purinergic nerve
神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡