プリンヌクレオチド回路

出典: meddic

purine nucleotide cycle
ローウェンスタイン回路 Lowenstein cycle


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 15.最大運動負荷における血中アンモニア濃度の変動 : プリンヌクレオチド回路との関連(第7回 日本体力医学会近畿地方会)
  • 牧田 茂,野原 隆司,里見 潤,吉田 敬義
  • 体力科學 42(3), 332, 1993-06-01
  • NAID 110001917631

関連リンク

IMPは、主要なプリンヌクレオチドであるAMPやGMPのいずれにも変換される。 ◆ IMP からのAMPの合成 ... このアンモニアは、筋肉運動におけるエネルギーの要求の一部を 支える反応回路であるプリンヌクレオチド回路から発生する。 ◆ プリンヌクレオチド回路 ...
4 プリンヌクレオシド / プリンヌクレオチド; 5 関連項目; 6 出典. 6.1 書籍; 6.2 ... プリン 代謝は核酸塩基の同化作用という意味合いの他、特に陸棲の動物においては、尿素を 生成するオルニチン回路と共に体内の過剰な窒素の排泄作用においても重要である。

関連画像

栄養プリン タイシャ プリン 代謝


★リンクテーブル★
リンク元プリンヌクレオチドサイクル」「Lowenstein cycle」「ローウェンスタイン回路」「purine nucleotide cycle
関連記事リン」「プリン」「回路」「プリンヌクレオチド」「

プリンヌクレオチドサイクル」

  [★]

purine nucleotide cycle
プリンヌクレオチド回路
プリン代謝


Lowenstein cycle」

  [★] プリンヌクレオチド回路ローウェンスタイン回路

ローウェンスタイン回路」

  [★]

Lowenstein cycle
プリンヌクレオチド回路


purine nucleotide cycle」

  [★] プリンヌクレオチド回路

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基



回路」

  [★]

(電気)circuit、(代謝)cycle
サイクル周期


プリンヌクレオチド」

  [★]

purine nucleotide
プリン



路」

  [★]

tract
tractus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡