プラニメータ値

出典: meddic

和文文献

  • ヒト妊娠子宮峡部筋の自発収縮パターンとカテコラミンの効果
  • 瓦林 達比古,池田 雅彦,杉森 甫
  • 日本産科婦人科學會雜誌 35(7), 882-890, 1983-07-01
  • ヒト子宮峡部筋を使用し,妊娠時期,筋束の走行,標本採取部位に注目して自発性の等尺性収縮を記録することにより,ラット子宮と比較しながらノルアドレナリン,テルブタリンの作用を調べ,カテコラミンのβ抑制作用とMgイオンの関係についても重ねて検討した.1.同一実験系において,ヒト子宮峡部筋の自発収縮の頻度はラットより低く,その収縮力は,ラット縦走筋より小さかった.2.自発収縮のパターンは妊娠時期により,ほ …
  • NAID 110002122840

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

値」

  [★]

value
価値評価




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡