プラトニン

出典: meddic

platonin
  • 抗菌や創傷治癒の目的で使用される感光色素
  • 熱傷及び難治性皮膚潰瘍の治癒促進に対して効能効果を持つ医療用医薬品
  • 組織細胞機能用医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 色素製剤
  • 感光色素製剤


  • 化粧品に入っているらしい

目次

概念

  • 感光素は、もともと写真の感光膜の感光度を高める性能を持つ物質。シアニン系の色素で、青緑色の結晶性粉末で、においはなく、特異な味がある。

性質

  • 化粧品としては、抗菌作用が強く、皮膚の洗浄、保護、整肌目的に使用される。
  • 医薬品としては、白血球貧食作用促進、外科的疾患の治療に使用される。
  • 無刺激抗菌剤として、0,002%以下の濃度で用いられる。

化粧品への配合

  • クリーム、乳液、化粧水、天花粉、石けんなど

参考文献

  • 感光素101号
[display]http://gennavi.com/2%E2%96%A0%E2%96%A0p=1032

和文文献

  • 道路交通のダイナミクス(VI) : 疎から密に向かう交通流
  • 高木 相,谷口 正成,藤木 澄義,神村 伸一,鈴木 伸夫
  • 情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム] 2001(83), 31-36, 2001-09-06
  • 交通流が疎から密に向かい, ついには渋滞に至る交通流を, 走行車両密度(k)と流量(q)の関係(q-k相関)の形状との関係から議論する.まずq-k相関についての従来の測定結果とそのモデル的扱いについて調査した結果を述べ, これに対する筆者らの定性的な解釈を述べる.次にq-k相関図に関する筆者らの理論を述べ, q-k相関図の一般的な形を明らかにし, これがHallらの指摘している測定値からの推定モデ …
  • NAID 110004028953
  • 道路交通のダイナミクス(VI) : 疎から密に向かう交通流
  • 高木 相,谷口 正成,藤木 澄義,神村 伸一,鈴木 伸夫
  • 情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとワイヤレス通信] 2001(83), 31-36, 2001-09-06
  • 交通流が疎から密に向かい, ついには渋滞に至る交通流を, 走行車両密度(k)と流量(q)の関係(q-k相関)の形状との関係から議論する.まずq-k相関についての従来の測定結果とそのモデル的扱いについて調査した結果を述べ, これに対する筆者らの定性的な解釈を述べる.次にq-k相関図に関する筆者らの理論を述べ, q-k相関図の一般的な形を明らかにし, これがHallらの指摘している測定値からの推定モデ …
  • NAID 110002675338
  • SA-4-1 q-k相関に及ぼすプラトーニング効果の考察
  • 高木 相,藤木 澄義,谷口 正成,神村 伸一,鈴木 伸夫
  • 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2001年.基礎・境界ソサイエティ大会講演論文集, 291, 2001-08-29
  • NAID 110003348650

関連リンク

起源, 本物質は細胞賦活作用により医薬(薬効分類41)で許可されており、此の研究が 基礎となって生まれた。 有効性, ○抗菌性:0.0001~0.005%に於て各種微生物の 発育を阻止する。 ○0.04%軟膏で皮膚機能の亢進(皮内色素の消退時間の短縮)が 認め ...
1950年代に錠剤ルミンAと 注射用粉末プラトニンが 株式会社日本観光色素研究所(現 (株)林原生物研究所)より発売された。 1980年代に アレルギーを中心に 免疫系を 調整する作用が 山本格(岡山大学薬学部)らによって証明された。 1990年代に至って 、 ...

関連画像

プラトニン-養殖真珠の形成を プラトニン-養殖真珠の形成を



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡