プラスミン・α2-プラスミンインヒビター複合体

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウエスタンブロット法によるDダイマー測定試薬の反応性の比較検討
  • 若林 早紀,石川 伸介,廣田 川戸洞 雅子 [他],藤原 祝子,上條 由夏,山内 一由,寺澤 文子,奥村 伸生,勝山 努
  • 臨床病理 56(6), 449-454, 2008-06-25
  • NAID 10024356556
  • DICにおけるプラスミンα2-プラスミンインヒビター複合体および組織因子活性の有用性
  • 福田 千佐子,飯島 憲司,中村 克己
  • 臨床病理 44(8), 750-756, 1996-08-25
  • NAID 10004888798

関連リンク

α2プラスミンインヒビター・ プラスミン複合体(PICテスト). [5298-4] ... α2プラスミン・ インヒビター(α2-PI)は,線維素溶解酵素(PM)の最も重要なインヒビターであり,線溶系の 活性化に伴い生じたPMと1対1の複合体(PIC)を形成し,これを失活させる。 PICは,基本 的に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事プラスミン」「複合体」「」「複合」「合体

プラスミン」

  [★]

plasmin
フィブリノリジン fibrinolysin線維素溶解酵素 フィブリン溶解酵素
フィブリノゲン


  • プラスミノゲンから活性化因子の作用によりプラスミンが生成される。
  • 血餅を構成するフィブリンに作用し、これを分解する
  • 血漿中に常時存在するα2-アンチプラスミンによりプラスミンの作用が失われる。

臨床関連


複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス


合体」

  [★]

coalescencecoalesceunitecoalescent
癒合癒着




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡