プラスミン

出典: meddic

plasmin
フィブリノリジン fibrinolysin線維素溶解酵素 フィブリン溶解酵素
フィブリノゲン


  • プラスミノゲンから活性化因子の作用によりプラスミンが生成される。
  • 血餅を構成するフィブリンに作用し、これを分解する
  • 血漿中に常時存在するα2-アンチプラスミンによりプラスミンの作用が失われる。

臨床関連


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/24 01:33:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 網膜静脈分枝閉塞症に対するプラスミン硝子体内注入の電気生理学的評価
  • 望月 祐人,佐久間 俊郎,溝田 淳,田中 稔
  • 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica 3(7), 689-692, 2010-07-15
  • NAID 10027667503
  • 線維素溶解系による造血幹細胞ニッチの制御機構
  • 服部 浩一,西田 知恵美
  • 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 21(1), 27-31, 2010-02-01
  • … こうした造血系細胞動態におけるマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)の重要性が示唆されているが,筆者らは,造血幹細胞ニッチの構成因子が,生体内のMMP活性を介した血液線維素溶解系(線溶系)因子プラスミンの生成を起点として制御されていることを明らかにした.本稿では,筆者らの研究成果を中心に,最近明らかとなった線溶系,MMP等のプロテアーゼ活性の生体内造血における意義について概説する. …
  • NAID 10026118530
  • プラスミンによる新規凝固制御機構 : プラスミンによる第VIII因子制御機構をモデルとして
  • 西屋 克己,野上 恵嗣
  • 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 21(1), 21-26, 2010-02-01
  • NAID 10026118515

関連リンク

プラスミン(plasmin, EC 3.4.21.7)は線溶系に属するタンパク質分解酵素(プロテアーゼ) の一種。セリンプロテアーゼ、エンドペプチダーゼに分類される。 反応はフィブリンや フィブリノーゲンを分解して血栓を分解するというものである。 プラスミンは通常、前駆体 で ...
プラスミンとは、血栓の主成分であるフィブリンを切断する酵素の事。タンパク質分解 酵素の一種でセリンプロテアーゼ、エンドペプチターゼに分類される。通常、プラスミノー ゲンという形で血漿に含まれており、そこにプラスミノーゲンアクチベータが作用する事 ...

関連画像

PICプラスミンの画像 p1_28プラスミンの画像 p1_4トロンビンもプラスミン生成の イントロダクションまとめの 200408112プラスミンの作用点とD 200408113

添付文書

薬効分類名

  • ワクチン・トキソイド混合製剤

販売名

DPT“化血研”シリンジ PF

組成

製法の概要

  •  本剤は、百日せき菌I相菌(東浜株)の培養菌液を連続遠心機等を用いて菌液を分離した上清から、カラムクロマトグラフィーなどの物理化学的方法で感染防御抗原(百日せき毒素及び線維状赤血球凝集素)をそれぞれ単離精製し、ホルマリンで減毒したのち両防御抗原を混合した液と、ジフテリア菌(Park-Williams No.8株)及び破傷風菌(Harvard A-47株)の産生する毒素をそれぞれ精製濃縮し、ホルマリンで無毒化(トキソイド化)したジフテリアトキソイド及び破傷風トキソイドを混合したものに、アルミニウム塩を加えて不溶性としたものである。
  •  なお、本剤は製造工程でウシの乳由来成分(カザミノ酸、スキムミルク、ポリペプトン)、ウシの肝臓、ウシの血液、ウシの肉、ブタの胃由来成分(ペプトン)、ブタの膵臓由来成分(パンクレアチン)、ウマの血液由来成分(血清)、クジラの心臓由来成分(ハートエキス)及びヒトの血液由来成分(アポセルロプラスミン)を使用している。

組成

  •  本剤は、0.5mL(1シリンジ)中に次の成分を含有する。

有効成分
百日せき菌防御抗原

  • 4単位以上

有効成分
ジフテリアトキソイド

  • 16.7Lf以下

有効成分
破傷風トキソイド

  • 6.7Lf以下

添加物
ブドウ糖

  • 0.5mg

添加物
L-リシン塩酸塩

  • 0.05mg以下

添加物
ホルマリン(ホルムアルデヒドとして)

  • 0.05mg以下

添加物
塩化アルミニウム

  • 1.5mg以下

添加物
水酸化ナトリウム

  • 0.6mg以下

添加物
塩化ナトリウム

  • 3.75mg

添加物
リン酸水素ナトリウム水和物

  • 0.16mg

添加物
リン酸二水素ナトリウム

  • 0.16mg

添加物
pH調節剤

  •  

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  •  被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  •  本剤は、百日せき、ジフテリア及び破傷風の予防に使用する。
  • 初回免疫:通常、1回0.5mLずつを3回、いずれも3〜8週間の間隔で皮下に注射する。
  • 追加免疫:通常、初回免疫後6箇月以上の間隔をおいて、(標準として初回免疫終了後12箇月から18箇月までの間に)0.5mLを1回皮下に注射する。

接種対象者・接種時期

  •  本剤の接種は、生後3月から90月までの間にある者に行うが、初回免疫については、標準として生後3月から12月までの者に、追加免疫については、標準として初回免疫終了後12箇月から18箇月を経過した者に接種すること。
  •  なお、被接種者が保育所、幼稚園等の集団生活に入る場合には、その前に接種を完了することが望ましい。

他のワクチン製剤との接種間隔

  •  生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また、他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。
  •  ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  •  被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 本剤の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー(0.1%未満):ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

血小板減少性紫斑病(0.1%未満):血小板減少性紫斑病があらわれることがある。通常、接種後数日から3週ごろに紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血等があらわれる。本症が疑われる場合には、血液検査等の観察を十分に行い、適切な処置を行うこと。

脳症(頻度不明):脳症があらわれることがある。接種後、発熱、四肢麻痺、けいれん、意識障害等の症状があらわれる。本症が疑われる場合には、MRI等で診断し、適切な処置を行うこと。

けいれん(頻度不明):けいれんがあらわれることがある。通常、接種直後から数日ごろまでにけいれん症状があらわれる。本症が疑われる場合には、観察を十分に行い、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  •  百日せき、ジフテリア及び破傷風を予防するためには、生体内にあらかじめ各々の感染防御抗原に対する血中抗体が一定(感染防御)レベル以上産生される必要がある。
  •  百日せきは罹患小児の回復期血清で、抗PT抗体及び抗FHA抗体をELISA法により測定した結果から、両抗体ともに少なくとも10EU(ELISA単位)以上が血中に存在すればよいと考えられる4)。ジフテリアに対する感染防御は、0.01IU(国際単位)/mLの抗毒素(抗体)が、また、破傷風に対する感染防御は、0.01IU/mLの抗毒素がそれぞれ血中に存在すればよいと考えられている5)6)
  •  本剤を2回接種後4週間すると、一時的に百日せき、ジフテリア及び破傷風、いずれも前述の防御レベル以上の抗体価が得られるが、含まれる抗原成分が不活化されたトキソイドであるため、漸次各々の抗体価は低下する。したがって、それ以後少なくとも数年にわたり、感染防御効果を持続(抗体価レベルの維持)するためには、初回免疫及び追加免疫が必要である。


★リンクテーブル★
先読みフィブリノゲン」「fibrinolysin
国試過去問088A034
リンク元遺伝性血管神経性浮腫」「プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体」「PL」「フィブリン分解産物」「ストレプトキナーゼ
拡張検索α2-プラスミンインヒビター欠乏症」「抗プラスミン薬

フィブリノゲン」

  [★]

fibrinogen, Fbg Fib
凝固第I因子 第I因子 factor Iフィブリノーゲン線維素原
フィブリノゲンHT
フィブリン血液凝固因子血液凝固
  • トロンビンより分解を受け、フィブリンモノマーを生じる。
  • 肝臓で産生さて、血漿中に存在
  • 340kDa
  • 血中半減期:3-4日

機能

分解されるまでの過程

  • フィブリンやフィブリノゲンはプラスミンにより分解されフィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP)となり、網内系で処理される。

フィブリノゲンの量に影響を与える要素

減少

  • 産生の低下
  • 出血に対する止血による消費
  • プラスミンによる分解な

増加

  • (急性相反応性物質)炎症(感染症など)、悪性腫瘍
  • 妊娠

フィブリノゲンの解釈

低値

  • 先天性疾患(先天性の低フィブリノゲン血症、フィブリノゲン異常症、無フィブリノゲン血症)
  • 後天性疾患(重症肝臓疾患:産生低下、播種性血管内凝固(DIC):消費亢進)

高値

  • 妊娠?



fibrinolysin」

  [★]

フィブリノリジン

plasmin

088A034」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

遺伝性血管神経性浮腫」

  [★]

hereditary angioneurotic edema HANE
遺伝性血管神経浮腫
遺伝性血管浮腫 hereditary angioedema HAE
補体
[show details]


概念

病因

疫学

遺伝形式

病態生理

症状

検査

uptodate.1
  • 補体価の低下(診断アルゴリズム上ではC4を定量)
  • 高ガンマグロブリン血症が見られることがあるが、普通は補体以外に異常がない。
  • SLEに罹患する頻度が(健常者に比べ)高い。(there is an increased frequency of systemic lupus erythematosus)

診断

診断アルゴリズム

uptodate.2
international consensus conference in 2010 to help evaluate patients with suspected HAE
  • 1. 遺伝性血管神経浮腫の疑診例
  • 蕁麻疹ではない血管浮腫の反復
  • 腹痛や嘔吐の反復
  • 喉頭浮腫
  • 血管浮腫の家族歴
  • 2. 血清中のC4、C1-INH、できればC1-INH機能量(C1-INH functional level)定量

(略)

治療

予防

  • epsilon-aminocaproateの投与
  • an inhibitor of plasmin activation of C1, reduces the frequency of the episode.(Q book p.206)

参考

uptodate

  • 1. [charged] 遺伝性血管浮腫の臨床症状および病因 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 遺伝性血管浮腫の診断 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 遺伝性血管浮腫の急性発作の治療 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 遺伝性血管浮腫の発作の予防 - uptodate [4]


プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体」

  [★]

plasmin α2-plasmin inhibitor complex, PIC, plasmin inhibitor complex
[[]]
プラスミン + α2プラスミンインヒビター(α2-PI)
  • プラスミン活性阻害
  • 基準値:(血漿)0.8 μg/mL以下
  • 線溶反応亢進の指標 ← 非常に鋭敏で特異性の高い検査
  • 血漿レベルの上昇 → プラスミンの生成、線溶系の活性化


PL」

  [★]


  • 複合感冒薬
  • PL配合顆粒
  • 総合感冒剤/鎮咳,抗ヒスタミン,解熱配合剤/総合感冒剤

参考

[display]http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1180107.html

  • 添付文書

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1180107D1131_1_02

フィブリン分解産物」

  [★]

fibrin degradation product FDP,fibrinogen degradation product
フィブリン体分解産物 fibrinogen split products fibrin split products、フィブリン分解物、fibrinogen and fibrin degradation products
[[]]
-fibrin degradation product
FDP


ストレプトキナーゼ」

  [★]

streptokinase, SK
streptase


α2-プラスミンインヒビター欠乏症」

  [★]

α2-plasmin inhibitor deficiency
Miyasato disease???、α2-プラスミンインヒビター

抗プラスミン薬」

  [★]

antiplasmin drug
anti-plasmin drugs




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡