プラスミノゲンアクチベータ・インヒビター

出典: meddic

plasminogen activator inhibitor PAI


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

血管内皮細胞傷害を評価するためには,組織プラスミノゲンアクチベータ(t-PA)との複合体(t-PA・PAI-1複合体)やトロンボモジュリン(TM)などの血管内皮細胞マーカーを定量測定する.さまざまな病態で高値を示すので,それぞれの ...
線溶系への作用—線溶促進、抗線溶作用 活性化プロテインC(activated protein C:APC)は、プラスミノゲンアクチベータ・インヒビター-1(PAI-1)を抑制し、線溶促進作用を示します。 一方、トロンビン—TM複合体は、線溶阻止因子thrombin ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みPAI」「plasminogen activator inhibitor
関連記事プラスミノゲンアクチベータ

PAI」

  [★] プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター


plasminogen activator inhibitor」

  [★] プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター

プラスミノゲンアクチベータ」

  [★] プラスミノゲンアクチベーター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡