プラスミノゲンアクチベータインヒビター-1

出典: meddic

plasminogen activator inhibitor-1


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フィトケミカルの保健機能についての検討
  • 低分子/高分子リポ蛋白コレステロール比は高強度運動後の線溶活性に影響を与える
  • 低分子/高分子リポ蛋白コレステロール比は高強度運動後の線溶活性に影響を与える

関連リンク

PAI-1は,t-PAと同様に血管内皮細胞から放出されることから,血管内皮細胞が傷害される病態,薬物やサイトカインなどによる血管内皮細胞の刺激,過度の静脈駆血などで上昇し,血管内皮細胞傷害のマーカーとして利用されることが ...
これは、線溶阻止因子であるプラスミノゲンアクチベータインヒビター(plasminogen activator inhibitor ... 「播種性血管内凝固症候群(DIC)(図解)」← クリック(1 ) から、ご覧いただけます。 DIC関連記事 (病態・診断・治療 : : ...

関連画像

肥満2型糖尿病では痩せれば 健康・病気・症状相談コーナー 図3:トリグリセライド値と Figure JPOXMLDOC01-appb-T000002浦野哲盟、鈴木優子、井原 2)PAI活性(ユーグロ


★リンクテーブル★
関連記事タイ」「プラスミノゲンアクチベータインヒビター1

タイ」

  [★]

(国名)Thailand, (魚)sea bream
ゴウシュウマダイヨーロッパヘダイ


プラスミノゲンアクチベータインヒビター1」

  [★] プラスミノゲンアクチベータインヒビター-1




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡