プッシング法

出典: meddic

pushing exercise


和文文献

  • 一側性声帯麻痺による嗄声に対する音声治療の有用性
  • 小川 宏和,小林 丈二,岡田 亜紀,兵頭 政光
  • 音声言語医学 43(3), 256-260, 2002-07-20
  • NAID 10010871741

関連リンク

これを矯正する方法として、代表的なものに、「プッシング法」があります。 何かを押しながら喉に少し力を入れて発声してもらいます。両手を胸の前で合わせ、左右から押しながら力を入れても良いです。 補足)腹式呼吸について » ...
治療法は左声帯と右声帯とでできる最小の隙間の大きさによって適応が異なります。 方法 訓練(プッシング法主体) のどの外側から声帯に注射する 適応 隙間がかなり狭い 隙間が狭い 目的 健康な声帯を麻痺している声帯に近づける
また次の項で説明するプッシング法も効果的である。 写真10 ペーパーボールテスト 【喉頭閉鎖訓練(声帯内転訓練)】 力いっぱいものを持ち上げようとする際に肺 から息が漏れない様に喉頭(声帯)は緊張(内転)して強く閉鎖しようと ...

関連画像

息を止めて力むオステオプッシング法オステオプッシング法の少ない「オステオプッシング ワイヤーサドル図方法 訓練 プッシング 法 主体


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡