ブロメリン法

出典: meddic

和文文献

  • 輸血検査に使用するブロメリン法の精度管理 ; ブロメリンコントロールの意義
  • ブロメリン法かクームス法か 交差適合試験(質疑応答)

関連リンク

ブロメリンは確かパパイン酵素から出来ており赤血球の表面活性だったかを下げ、自然下では反応しにくい抗体を反応できるようにする試薬だったと思います。アルブミン・クームス法にも同様の効果がある事から ブロメリン ...
kazuさんはじめまして。 ブロメリンなどの酵素を利用したメデュームを使用しても 不規則抗体スクリーニングを行っているとは言えないです。 生食法、ブロメリン法、アルブミン法、Peg法、クームス法 と、交差適合試験は ...
A62. ブロメリンとは?ブロメリン非特異反応とは? ブロメリンはパイナップルなどから抽出された蛋白分解酵素です。 ブロメリンは赤血球のまわりにあるシアル糖蛋白を分解し、除去します。その作用により赤血球膜のゼータ電位 ...

関連画像

各不規則抗体には至適な検査法 感染症・血液型・生化学検査の TOP >> 順造選 >> パイナップル道野 淳子(富山医科薬科大学


★リンクテーブル★
関連記事リン」「

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡