ブロメリン法

出典: meddic

和文文献

  • 輸血検査に使用するブロメリン法の精度管理 ; ブロメリンコントロールの意義
  • ブロメリン法かクームス法か 交差適合試験(質疑応答)

関連リンク

2007年9月6日 ... 抗体の同定には、消去法の概念を取り入れ、複合抗体の見落としを防ぐことが大切 ポイント 1.蛋白分解酵素で処理された赤血球はシアル酸の量が減少するので、IgG型の 抗体でも凝集が起こるようになる。ブロメリン法は1段法(血清と赤血球 ...
2007年11月18日 ... 交差適合試験の検査法 生理食塩水法:検出抗体(IgM)IgG抗体価が極めて高いと反応 することがある。 ブロメリン法:(IgM型抗体反応増強)非特異反応が起こるので自己 対照が必要 パパイン酵素が抗M N S s Fya Fyb Xga抗原を破壊?

関連画像

各不規則抗体には至適な検査法 感染症・血液型・生化学検査の TOP >> 順造選 >> パイナップル道野 淳子(富山医科薬科大学


★リンクテーブル★
関連記事リン」「

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡