ブロチゾラム

出典: meddic

brotizolam
アムネゾングッドミンゼストロミンソレントミンネストロームノクスタールブロゾームブロチゾラムブロチゾラムMブロチゾラムODブロチゾランブロメトンレドルパーレンデムレンデムDレンドルミンレンドルミンDロンフルマン


  • 抗不安薬、睡眠薬
  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬(短時間型)

特徴

  • 自然な眠りに近いスムーズな入眠。
  • 高齢者への副作用が比較的少ない。

構造

作用機序

  • 中枢神経系の代表的抑制性伝達物質であるGABAを介して情動をつかさどる視床下部や大脳辺縁系を抑制する(ラット)。
  • その結果、自律神経系その他の部位からの余剰刺激は遮断され、催眠、鎮静、抗不安等の中枢神経作用を現す。

薬理作用

動態

適応

  • 不眠症、麻酔前投薬

注意

禁忌

  • 重症筋無力症:[重症筋無力症を悪化させるおそれがある。]
  • 急性狭隅角緑内障:[眼内圧を上昇させるおそれがある。]

原則禁忌

(次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること)
  • 肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している場合[炭酸ガスナルコーシスを起こすおそれがある。]

副作用

  • 臨床試験及び再審査終了時の調査症例6,548例中、副作用が報告されたのは256例(3.91%)であった。主な副作用は、残眠感・眠気144件(2.20%)、ふらつき66件(1.01%)、頭重感50件(0.76%)、だるさ48件(0.73%)、めまい25件(0.38%)、頭痛8件(0.12%)、けん怠感7件(0.11%)等であった。また、臨床検査値においては特に一定の傾向を示す変動は認められていない。(レンドルミン錠)

添付文書

  • レンドルミン錠

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1124009F1223_1_05


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/09 21:55:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ブロチゾラム口腔内崩壊錠における製剤特性の検討
  • 井上 裕,荒木 淳一,成澤 杏奈
  • ジェネリック研究 : 日本ジェネリック医薬品学会機関誌 5(1), 65-70, 2011-12
  • … 本研究では、ブロチゾラム口腔内崩壊錠の先発品および後発品の5製剤(製剤A、B、C、DおよびE)間の物理化学的特性を評価するために、崩壊試験、硬度試験、摩損度試験、質量偏差試験および溶出試験を行った。 …
  • NAID 40019167833
  • P-0794 ブロチゾラム口腔内崩壊錠における製剤間特性の比較検討(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 成澤 杏奈,井上 裕,荒木 淳一,村田 勇,金本 郁男
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 314, 2011-09-09
  • NAID 110008910259
  • P2-048 ゾルピデムまたはブロチゾラム服用患者の不満要因の解析(一般演題 ポスター発表,薬剤管理指導・情報提供,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 細野 智美,本間 真人,佐藤 誠,幸田 幸直
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 398, 2010-10-25
  • NAID 110008109048
  • 症例報告 ブロチゾラム(レンドルミン)による多発型固定薬疹の1例
  • 近藤 誠,石井 亜紀子,磯田 憲一
  • 臨床皮膚科 62(13), 970-972, 2008-12
  • NAID 40016393452

関連リンク

レンドルミンとは?ブロチゾラムの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
ブロチゾラムとは。効果、副作用、使用上の注意。中枢神経に作用して、眠りに導く催眠鎮静剤です。眠りに導く作用はバルビツール酸系催眠鎮静剤に比べると弱いのですが、薬物依存におちいる危険が少ない薬です。 不眠症の治療の ...
主成分 ブロチゾラム 剤形 白色の錠剤、直径8.0mm、厚さ2.4mm シート記載 (表)ブロチゾラム0.25mg「CH」、ブロチゾラム「CH ... この薬の作用と効果について ベンゾジアゼピン受容体に作用して大脳辺縁系および視床下部の情動機構 ...

関連画像

水なしで服用時ブロチゾラム錠0.25mg「オーハラ テバ製薬 ブロチゾラム 本体 テバ製薬 ブロチゾラム 包装 ブロチゾラム錠0.25mg「オーハラ ブロチゾラムOD錠0 ブロチゾラムの全て 【医師が  名 ブロチゾラム 識別コード 13a

添付文書

薬効分類名

  • 睡眠導入剤

販売名

  • ブロチゾラム錠0.25mg「日新」

組成

有効成分・含量

  • 1錠中にブロチゾラム(日局)0.25mgを含有

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、クロスポビドン、タルク、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 急性狭隅角緑内障のある患者[眼内圧を上昇させるおそれがある。]
  • 重症筋無力症の患者[重症筋無力症を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

  • 不眠症、麻酔前投薬
  • 本剤の用量は、年齢、症状、疾患などを考慮して適宜増減するが、一般に成人には次のように投与する。

・不眠症

  • 1回ブロチゾラムとして0.25mgを就寝前に経口投与する。

・麻酔前投薬

  • 手術前夜:1回ブロチゾラムとして0.25mgを就寝前に経口投与する。
    麻酔前:1回ブロチゾラムとして0.5mgを経口投与する。
  • 不眠症には、就寝の直前に服用させること。また、服用して就寝した後、睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは服用させないこと。

慎重投与

  • 衰弱患者
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 心障害、肝障害、腎障害のある患者[心障害では症状が悪化、肝・腎障害では代謝・排泄が遅延するおそれがある。]
  • 脳に器質的障害のある患者[本剤の作用が増強するおそれがある。]

重大な副作用

  • 肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明):AST(GOT)、ALT(GPT)、γ−GTP上昇等の肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 一過性前向性健忘、もうろう状態(いずれも頻度不明):一過性前向性健忘、また、もうろう状態があらわれることがあるので、本剤を投与する場合には少量から開始するなど、慎重に行うこと。なお、十分に覚醒しないまま、車の運転、食事等を行い、その出来事を記憶していないとの報告がある。異常が認められた場合には投与を中止すること。

薬効薬理

  • ブロチゾラムは短時間作用型ベンゾジアゼピン系化合物である。抑制性伝達物質GABAA受容体のサブユニットに存在するベンゾジアゼピン結合部位に結合することにより、GABAA受容体へのGABAの親和性を高め、GABAの抑制作用を促進する2)

有効成分に関する理化学的知見

性 状

  • 白色〜微黄色の結晶性の粉末である。メタノールにやや溶けにくく、アセトニトリル又はエタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。

融 点

  • 208〜212℃


★リンクテーブル★
リンク元乳糖水和物
関連記事ラム

乳糖水和物」

  [★]

賦形剤
ATPdl-メチルエフェドリン塩酸塩PL配合アーチストアイデイトアイデイトロールアクタミンアクトスアクトネルアコニンサンアザニンアスコルビン酸アスゾールアストモリジン配合アスペノンアスベリンアセトアミノフェンアテノートアドリアシンアトルバスタチンアナストロゾールアニスタジンアプリトーンアベマイドアポプロンアミサリンアミプリンアモペニキシンアリーゼS配合アリセプトアリチア配合アルフロシンアレギサールアレファリンアレルギンアロシトールアロプリノールアンブロンイソパール・P配合イダマイシンイトプリド塩酸塩イプリフラボンイミダプリル塩酸塩イミドールイリコロンM配合インヒベースウテメックウブテックウルサミックウルソウルソトランウルペティックエイムゲン エースコールエカテリシンエクセラーゼ配合エストリオールエチゾラムエチゾランエトドラクエナラートエナラプリルマレイン酸塩エバスチンエピカルスS配合エピカルス配合エビプロスタット配合エフェドリン塩酸塩エフォリンエホチールエリーテンエルサメット配合エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセバックエンテラーゼ配合オーネスN配合オーネスSP配合オーネスST配合オーネスSZ配合オステンおたふくかぜ生ワクチンオフタルムK配合カオルトーンガスイサンガスポートカズマリンガスメットガスリックガスロンNカプセーフガモファーカルスロットカルタレチンカルデナリンカルバドゲンカルベジロールキョーリンAP2配合クールスパンクエチアピンクバクロングペリースクラリスロマイシングリクラジドグリノラートグリメピリドクロポリジンクロミッドクロルフェニラミンマレイン酸塩クロルプロマジン塩酸塩グロントケイラーゼS ケトブンゲファルナートケルナックゴクミシンコデインリン酸塩コナンコニールコニプロスコバステンコバテンシンコバマミドコレキサミンコレリットコロキノンコンスーンコントールコントミンサアミオンサニアーゼ配合サラザック配合サルポグレラート塩酸塩ジアイナミックスシェトラゾーナジゴキシンジゴハンジソピラミドジヒドロコデインリン酸塩ジピリダモールジフェニドール塩酸塩シロスタゾールシンベノンシンレスタールストマルコンスパクロミンスパトニンスピロノラクトンズファジランスルピリドセエルカムセチリジン塩酸塩セドリーナセナプリドセナプロストセファランチンセフジニルセフジニルセブンイー・P配合セラピエースセラピナ配合セルニルトンセレガスロンセレナミンセンセファリンセンブリ・重曹ソクワールソビラールソルイルビンゾルピデム酒石酸塩ソルファダウンテンシンタフマックE配合タムスロシン塩酸塩ODダラシンタンチパン配合チウラジールチョコラAテオロングテナキシルデパステモカプリル塩酸塩デュファストンデラキシー配合テルビナフィントーワチーム配合ドキサゾシンドキソルビシン塩酸塩ドネペジル塩酸塩トフラニールドライアーゼ配合トラベルミン配合ドラマミントランコロンP配合ドランジントリアゾラムトリクロルメチアジドトリドセラン配合トリヘキシフェニジル塩酸塩トリヘキシントリラホンドルナリントルブタミドトレキサメットトロキシンドンペリドンナーセット配合ナテグリニドナトリックスナフトジールニセルゴリンニチファーゲン配合ニトレジックニトロールRネオ・エフラーゼ配合ネオアムノール配合ノイダブルノイファンノイロビタン配合ノズレンノバミンノンネルブハーフジゴキシンKYバイカロンバイニロードハイフル配合バイロテンシンはしか生ワクチンはしか風しん混合生ワクチンパスターゼSA配合バップベリンパトコンパパベリアンパルギンバルレールハロステンハロペリドールバンコミックパントテン酸カルシウムパンピオチンパンビタン末 パンホリータピーエイ配合ピーゼットシーピオグリタゾンビオスミン配合ビオスリー配合ビオチンビオフェルミンビオフェルミンRビオフェルミン配合ビカルタミドヒシロミンヒスタールビソテートビタミンB6ビタメジン配合ヒダントールヒダントールD配合ビフロキシン配合ビホープAピラミスチンピロラクトンファスティックファモガストファモチジンファルプリルファンテゾールフィオランスフェニトインフェニルアラニン除去ミルク配合フェノバルビタールフェルターゼ配合フォリアミンフスコデ配合フッコラートプラコデ配合プラノバール配合プラバスタチンNa塩プラバスタチンナトリウムプラバメイトプラメバンプランルカストフルイトランプレドニゾロンプレドニンプレドハンプレロンプロスタリンフロセミドブロチゾラムプロノンプロパフェノン塩酸塩プロピベリン塩酸塩ブロプレスプロヘパール配合プロモーションプロルナーベイスンヘキサトロンベグリラートベゲタミン-A配合ベザフィブラートSRベザリップベスタミオンベスタリットLベストルナーベニジピン塩酸塩ペニフォーベネットベハイドRA配合ヘパンED配合ペミラストンヘモリンガルベラストリンベラパミル塩酸塩ペラプリンベラプロストNaベラプロストナトリウムベリチーム配合ベルナールベルラーベロムボインリールボグシールボグリボースポリトーゼボルトミー配合マカシーAマゴチロンマサトンマズレニンガーグルマニカロットマニジピン塩酸塩マリレオンNマレイン酸クロルフェニラミンミクトノームミデナールLミラドールメコバラミンメサフィリン配合メシル酸ドキサゾシンメタヒスロンメチルエルゴメトリンマイレン酸塩メチルエルゴメトリンマレイン酸塩メチルドパメチルホエドリンメトプリックメトリオンメバトルテメバリッチメバロチンメリシンメリストラークメロキシカムメントリースモサプリドクエン酸塩モミアロンユーリックユリロシンライドラースラクスパンラクデーンラクボンラックメロンラリルドンランソプラゾールリウマトレックスリスペリドンリセドロン酸Naリセドロン酸ナトリウムリトドリンリトドリン塩酸塩リトメリンリネステロンリンドルフリントンリン酸コデインリン酸ジヒドロコデインリン酸ピリドキサールルフレン配合レスタスレスポリートレチコランレニベースレバミピドレビンベースレプターレベニンレボフロキサシンレモナミンロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロキシーンロサルタンKロサルタンカリウムロラタジンワーファリンワーリンワルファリンKワルファリンカリウム塩酸クロルプロマジン塩酸トリヘキシフェニジル塩酸パパベリン塩酸プロピベリン塩酸ベニジピン塩酸ミノサイクリン乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン乾燥弱毒生風しんワクチン乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン強力ビスラーゼ組織培養不活化狂犬病ワクチン 乳糖乳糖水和物硫酸キニジン


ラム」

  [★]

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡