ブラ

出典: meddic

bulla, pulmonary bulla
気腫性嚢胞 emphysematous bulla
ブレブ

  • 図:SPU.135
  • ブラ bulla 気腫性嚢胞 肺胞が破壊されてできた肺実質内の気腔
  • 肺胞壁の破壊、融合、拡張により生じた気腫 ただし胸膜の弾性板の内側に留まっている


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/29 17:39:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 「伝わるように伝える」教育実践の開発―在日ブラジル人学校におけるフレンドシップ事業履修生の体験から―
  • 結城 恵,Yuki Megumi
  • 群馬大学教育実践研究 (29), 237-243, 2015-03-15
  • NAID 120003987685
  • ハッシュテーブルの分割による<i>de novo</i>アセンブリの改良
  • 杉浦 典和,石田 貴士,関嶋 政和,秋山 泰
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2012-BIO-29(25), 1-7, 2012-06-21
  • … de novo アセンブラの一つである Velvet は,大規模なゲノムのアセンブリにおいて消費メモリ量の多さが課題とされている.本稿ではハッシュテーブルを分割することで,特に消費メモリ量の多い前半の velveth の消費メモリを削減する手法を提案した.またハッシュテーブルを分割する手法として,新たにリード分割法を提案した.リード分割法の提案により,従来より提案されている k-mer 値に応じた分割法に比べ,少数計 …
  • NAID 110009359910
  • PLATO:サブモデルを統合する大規模脳数理モデル構築プラットフォーム
  • 観音 隆幸,稲垣 圭一郎,槙村 浩司,カミジニュートンリュウジ ,臼井 支朗
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2012-BIO-29(2), 1-6, 2012-06-21
  • … 築する必要がある.我々は,大規模脳数理モデルをスクラッチから構築し直すのではなく,これまで蓄積されてきたサブモデル,および多くの研究者が構築している数理モデルをうまく統合することによって,大規模脳数理モデルを共同開発するプラットフォームを開発した.プラットフォームは,統一データ規約による大規模数理モデル開発支援ライブラリ PLATONIC と GUI によるモデル統合開発環境 PLATO IDEA によって構成される. …
  • NAID 110009359887

関連リンク

ブラジャーに関するさまざまな問題に答えるごとに、知識が増えるワコールのブラ検定。 基礎検定、学校検定、世界検定と、3つの検定を選んで受けることができます。
ワコールホームページへようこそ。ブラジャー、下着、ランジェリーなど女性下着や、男性 下着でつながるWebコミュニティ“My Wacoal”や携帯オリジナルコンテンツもチェック!

関連画像

 女子高生透けブラでございます ブラ・シームレスブラ【1GN】つJK】透けブラ女子高生の街 今まで集めてきたJKの透けブラ  】女子高生の透けブラ画像透けブラの季節ですねブラ 透けブラ スポーツブラ 夏と言えばブラ透けしてる女子


★リンクテーブル★
先読みbulla」「pulmonary bulla
国試過去問106I071」「107G033
リンク元自然気胸」「ブレブ」「気腫性嚢胞
拡張検索フィブラート」「トブラマイシン」「ブラストシスティス感染」「コブラ毒

bulla」

  [★] 水疱

WordNet   license wordnet

「the round leaden seal affixed to a papal bull」

pulmonary bulla」

  [★]

肺胞内嚢胞

bullabullae


106I071」

  [★]

  • 23歳の男性。呼吸困難のため搬入された。自宅で咳込んだ直後に呼吸困難を自覚し、次第に増強してきたため家族が救急車を要請した。意識は清明。体温37.0℃。心拍数108/分、整。血圧136/80mmHg。呼吸数28/分。 SpO2 88%(8L/分酸素投与下)。呼吸音は右の胸部では弱く、左の胸部では聴取しない。胸部エックス線写真(別冊No. 18)を別に示す。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I070]←[国試_106]→[106I072

107G033」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G032]←[国試_107]→[107G034

自然気胸」

  [★]

spontaneous pneumothorax
気胸緊張性気胸

自然気胸

概念

  • 胸腔内に空気が貯留・肺が虚脱した状態(気胸)で、外傷性および医原性気胸を除いたもの。

分類

原因

  • 原発性気胸:基礎疾患なし(肺尖部のブレブブラの破裂)
  • 続発性気胸:基礎疾患有り(COPD、喘息、肺癌、肺結核、肺線維症、肺炎、肺化膿症、肺膿瘍、サルコイドーシス、AIDS、肺吸虫症、子宮内膜症など)

重症度

  • 肺虚脱の重症度分類(IMD.757)

定量的

  • Kircherの虚脱率計算式(IMD.757)

病因 YN.I-138

  • 原発性気胸:
  • ブラ、ブレブの破綻による気胸
  • マリファナの吸引はbullous lung diseaseの関係している。タバコは気胸の再発リスクを上げる。(CASES.188)
  • 続発性気胸:COPD、喘息、肺癌、肺結核、肺線維症、肺炎、肺化膿症、肺膿瘍、サルコイドーシス、AIDS、宮崎肺吸虫症、子宮内膜症
  • 胸膜の索状癒着の起始部の破綻
  • 炎症・腫瘍などによる肺胸膜の断裂
  • 月経随伴性気胸
  • 子宮内膜症に伴う。臓側胸膜や横隔面に子宮内膜症の病変を認める。月経時に血性胸水を呈する。右側に多い

疫学

  • 20歳代と50-60歳代にピーク
  • 20歳代:ブラ、ブレブの破裂。若年男性、細長型、扁平胸郭に多い。基礎疾患無し。
  • 50-60歳代:基礎疾患あり(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、肺癌など)

身体所見

  • 打診:患側で鼓音
  • 聴診:患側の呼吸音・声音振盪減弱。左側が患側の場合、心音減弱
  • 肺が高度に虚脱した場合:頻脈、呼吸数増加、チアノーゼなど

症状

  • 突然の胸痛(背部、肩に放散)、乾性咳嗽(発作的な咳)、呼吸困難。時に胸水 (YN.I-138)

検査

  • 胸部単純X線写真:呼気位が有用。胸郭の容量が減少するため、空気の占めるスペースが相対的に大きくなり気胸を見いだしやすくなる。
  • 適応:気胸を疑う例。重症度、基礎疾患。穿刺脱気例の前後。穿刺脱気時は、4-6時間後胸部X線写真を再検。チューブドレナージ例では、ドレーンからの空気の流出をみながら、治療効果判定のため頻回に撮影。
  • 所見:虚脱した肺、縦隔の健側変位、患側の横隔膜下降
  • 進行した慢性肺気腫に続発した気胸では、胸部X線写真で気胸腔を指摘するのが困難
  • CT:外科手術が適応になる場合には撮る
  • 小さなブラ、ブレブの診断や、肺疾患合併症の評価に非常に有効
  • 血液ガス検査:肺気腫が重度の症例ではPaO2低下

診断

  • 臨床症状と身体所見、ならびに胸部X線・CT検査などで気胸腔を確認

鑑別診断

  • 胸痛を呈する疾患
  • 心筋梗塞、狭心症、心膜炎、肺梗塞、解離性大動脈瘤、胸膜炎

合併症

治療

  • 軽度例:保存的療法(安静のみで虚脱肺の再膨張)
  • 中等度以上:保存的療法(脱気)
  • 脱気(胸腔ドレナージ):胸腔穿刺、低圧持続吸引、水封式脱気など
  • 過大な陰圧をかけて吸引すると再膨張性肺水腫を見ることがある
  • 第2肋間から16Frのカニュラをつかって前から吸引する(100CASES.73)
  • 胸膜癒着術:テトラサイクリン、OK432、ヒトフィブリノゲンを胸腔内に注入
  • 2回気胸が生じたとき、あるいはプロの運転手やパイロットのかたにはpleurodesisが勧められる。(100CASES.73)
  • 手術療法:根治的治療であり、胸腔鏡を介して行う
  • 次の場合、手術療法を考慮
  • 1. 大量の気漏、気漏の持続
  • 2. 多量の血胸
  • 3. 両側気胸
  • 4. 再発性気胸
  • 5. 初発例でも明らかな嚢胞を認めるもの

予後

  • 保存的治療での再発率は高い(20-40%)。
  • 1回の気胸の既往がある場合には20%再発、2回の既往がある場合には50%再発。(100CASES.73)

国試


ブレブ」

  [★]

bleb, pulmonary bleb
肺胸膜嚢胞胸膜下嚢胞 subpleural bleb小気胞
ブラ


  • 図:SPU.135
  • ブレブ bleb 肺胸膜嚢胞 肺胞が破れて胸膜内にできた気腔
  • 肺胞壁が破壊、融合、拡張することにより生じた空間で、臟側胸膜の2層の弾力板の一部を破壊して胸膜の間に入り込んだもの。


気腫性嚢胞」

  [★]

bullabullae
emphysematous bulla
水疱肺胞内嚢胞皮膚水疱ブラ


フィブラート」

  [★]

fibrate
フィブラート系薬物高脂血症治療薬
  • fibric acidの誘導体(fibric acid derivatves)
  • PPAR activators
  • HDL↑、LDL↓
  • peroxisome proliferator activated receptor(PPAR)を介して薬理作用を発現←転写因子
  • PPARα:肝臓、褐色脂肪細胞で発現。腎臓、心臓、骨格筋でやや発現 (GOO.957)
作用:(1)脂肪酸酸化、LPL合成↑、apoC-III↓ (GOO.957)
apoC-IIIは肝臓分解やレセプターを介した(LDLなどの)取り込みのinhibitorとして機能 (GOO.957)
HDL-Cの増加はapoA-IとApoA-IIの発現を刺激することによる (GOO.957)

フィブラート系薬物

トブラマイシン」

  [★]

tobramycin, TOB
tobramycinum
トービイトブラシン, Nebcin, Tobrex
抗菌薬アミノグリコシド系抗菌薬



ブラストシスティス感染」

  [★]

Blastocystis infection
ブラストシスティス感染症Blastocystis感染Blastocystis感染症


コブラ毒」

  [★]

cobra venomelapid venom
コブラ毒素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡