ブチルスコポラミン臭化物

出典: meddic

ブチルスコポラミン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大腸3D-CT検査で良好な腸管拡張を得るために鎮痙剤は必要か?
  • 永田 浩一,伊山 篤,花塚 文治,加藤 博之,山田 理恵子
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 63(3), 127-133, 2010-03-01
  • … 目的:ブチルスコポラミン臭化物注射剤(ブスコパン®注)が大腸3D-CT検査における腸管拡張程度の改善に寄与するか検討した.対象・方法:大腸3D-CT検査を受けた150例を対象として,75例はブスコパン未使用群,75例をブスコパン使用群の2群に分けた.大腸を6区分に分類して合計1,800の大腸区分の腸管拡張程度を評価者3名が互いに独立して4段階の腸管拡張スコア(4点:十分に拡張している.3点:観察できる程度に …
  • NAID 10026313864

関連リンク

ブスコパンとは?ブチルスコポラミンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版) ... 成分(一般名), :, ブチルスコポラミン臭化物. 製品例 , :, ブスコパン錠10mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価. 区分, :, 鎮けい剤/アトロピン ...
医療用医薬品 : ブチルスコポラミン臭化物. List Top ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痙剤

販売名

※ブスコム錠10mg

組成

成分・含量(1錠中)

  • 日本薬局方 ブチルスコポラミン臭化物 10mg含有

添加物

  • トウモロコシデンプン、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒプロメロース、ステアリン酸マグネシウム、白糖、タルク、沈降炭酸カルシウム、酸化チタン、ゼラチン、アラビアゴム末、カルナウバロウ

禁忌

  • 出血性大腸炎の患者〔腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。〕
  • 緑内障の患者〔眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。〕
  • 前立腺肥大による排尿障害のある患者〔さらに尿を出にくくすることがある。〕
  • 重篤な心疾患のある患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 麻痺性イレウスの患者〔消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記疾患における痙攣並びに運動機能亢進
  • 胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、幽門痙攣、胃炎、腸炎、腸疝痛、痙攣性便秘、機能性下痢、胆のう・胆管炎、胆石症、胆道ジスキネジー、胆のう切除後の後遺症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症
  • ブチルスコポラミン臭化物として、通常成人1回10〜20mg(本剤:1〜2錠)を1日3〜5回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 前立腺肥大のある患者〔尿を出にくくすることがある。〕
  • うっ血性心不全のある患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 不整脈のある患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 潰瘍性大腸炎の患者〔中毒性巨大結腸をおこすおそれがある。〕
  • 甲状腺機能亢進症の患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 高温環境にある患者〔汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。〕

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状:

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(悪心・嘔吐、悪寒、皮膚蒼白、血圧低下、呼吸困難、気管支痙攣、浮腫、血管浮腫等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

健常成人の胃、十二指腸及び直腸内で、胃・小腸の自動運動及びメトクロプラミド投与による運動亢進を抑制する。また静注で空腸の自動運動をアトロピンと同等に抑制する。皮下及び静注で基礎及び刺激時の胃液分泌量、塩酸分泌量、ペプシン分泌量を抑制する。健常成人での卵黄反射による胆嚢収縮の抑制や膀胱内圧上昇抑制作用、妊娠子宮や産褥子宮の頸部の収縮を抑制する作用もある。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • 〔日局〕ブチルスコポラミン臭化物
    (Scopolamine Butylbromide)
    〔日局別名〕臭化ブチルスコポラミン

化学名:

  • (1S, 2S, 4R, 5R, 7s)-9-Butyl-7-[(2S)-3-hydroxy-2-phenylpropanoyloxy]-9-methyl-3-oxa-9-azoniatricyclo[3. 3. 1. 02,4] nonane bromide

分子式:

  • C21H30BrNO4

分子量:

  • 440.37
  • 本品1.0gを水10mLに溶かした液のpHは5.5〜6.5である。


★リンクテーブル★
リンク元鎮けい剤」「butylscopolammonium bromide」「scopolamine butylbromide
関連記事ブチルスコポラミン」「臭化」「ブチル」「臭化物」「ラミン

鎮けい剤」

  [★]

鎮痙薬骨格筋弛緩剤

商品


  • アフロクアロン:脊髄から上位の中枢にかけての広範囲の部位に作用して、筋緊張亢進状態を緩解させる。
  • エペリゾン:脊髄において単及び多シナプス反射を抑制すると共に、γ-運動ニューロンの自発発射を減少させ、筋紡錘の感度を低下させることで、メフェネシンよりも強力な骨格筋弛緩作用を発揮する。また、中脳毛様体及び後部視床下部を介する脳波覚醒反応を抑制する作用や、血管平滑筋のCa2+チャネル遮断や交感神経活動の抑制を介して、皮膚・筋や脳への血流量を増大させる作用もある。脊髄レベルにおける鎮痛作用も有する。3)
  • バクロフェン:γ-アミノ酪酸(GABA)の誘導体で、脊髄の単シナプス及び多シナプス反射の両方を抑制し、γ-運動ニューロンの活性を低下させる抗痙縮剤
  • クロルゾキサゾン


butylscopolammonium bromide」

  [★] ブチルスコポラミン臭化ブチルスコポラミンブチルスコポラミン臭化物butylscopolaminescopolamine butylbromide


scopolamine butylbromide」

  [★]

butylscopolaminebutylscopolammonium bromide


ブチルスコポラミン」

  [★]

butylscopolaminescopolamine butylbromidebutylscopolammonium bromide
ブチルスコポラミン臭化物 scopolamine butylbromide臭化ブチルスコポラミン butylscopolamine bromideヒヨスチン-N-ブチルブロミド hyoscine-N-butylbromide
スコルパンスパスモパンスポラミンブスコパンブスコムブスフォリロンブスポンブチブロンブチルミンリラダン
ムスカリン性受容体



臭化」

  [★]

bromidebromo
臭化物ブロミドブロモブロマイド


ブチル」

  [★]

butylBu
  • ブチル基
-CH2CH2CH2CH3


臭化物」

  [★]

bromide
臭化ブロミドブロマイド


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡