フロプロピオン

出典: meddic

flopropione
コスパノンスパネートパスムス


和文文献

  • フロプロピオンを用いた選択的α1A遮断薬シロドシンによる射精障害の回避法についての検討
  • 近藤 宣幸,三井 要造,上田 康生,樋口 喜英,丸山 琢雄,野島 道生,山本 新吾,島 博基
  • 日本性機能学会雑誌 = The japanese journal of Impotence Research 22(2), 183-184, 2007-08-10
  • NAID 10019841296

関連リンク

コスパノンとは?フロプロピオンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる (おくすり110番:薬事典版)
フロプロピオンとは。効果、副作用、使用上の注意。 排胆剤 のひとつで、オッディ括約筋( かつやくきん)(胆管が十二指腸に開口するところにある筋肉)の緊張をやわらげて胆汁 や膵液(すいえき)の排出を促し、胆道や膵管の内圧を低下させます。また、交感神経に ...

関連画像

エーザイ コスパノン 包装写真ジョブストウルトラシアー30エーザイ コスパノン 本体写真セスデン注7.5mg製造/販売会社 日東電工

添付文書

薬効分類名

  • 膵胆道・尿路系鎮痙剤

販売名

コスパノン錠40mg

組成

  • 本剤は、1錠中にフロプロピオン40mgを含有する白色の糖衣錠である。
    添加物としてカルナウバロウ、カルメロース、含水二酸化ケイ素、結晶セルロース、酸化チタン、ステアリン酸、ステアリン酸カルシウム、精製白糖、タルク、沈降炭酸カルシウム、トウモロコシデンプン、白色セラック、ヒドロキシプロピルセルロース、プルラン、ポビドン、マクロゴール6000を含有する。

効能または効果

下記の疾患に伴う鎮痙効果

肝胆道疾患

  • 胆道ジスキネジー、胆石症、胆のう炎、胆管炎、胆のう剔出後遺症

膵疾患

  • 膵炎

尿路結石

錠40mg

  • 通常成人は、1回1〜2錠(フロプロピオンとして1回40〜80mg)を1日3回毎食後経口投与する。
    泌尿器科においては、1回2錠を1日3回毎食後経口投与する。
    年齢、症状により適宜増減する。

錠80mg

  • 通常成人は、1回1錠(フロプロピオンとして1回80mg)を1日3回毎食後経口投与する。
    年齢、症状により適宜増減する。
    なお、尿路結石以外に対する通常の用法・用量はフロプロピオンとして1回40〜80mg1日3回毎食後経口投与する。


慎重投与

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


薬効薬理

COMT阻害による鎮痙作用

  • 本薬の鎮痙作用と鎮痙機序を、イヌ、モルモット及びラットにて検討した結果、消化管平滑筋とともに膵胆道、尿路系平滑筋の痙縮緩解作用を示す。その作用機序は、COMT(Catechol‐o‐methyl‐transferase)阻害によるアドレナリン作動性作用と、抗セロトニン作用に基づくものとされている。3) 4)

オッジ筋の機能異常改善作用

  • 本薬4,8,16,32mg/kgをイヌへ静注したところ、全ての用量でオッジ筋を弛緩させ、胆汁・膵液の十二指腸への排出を促進して膵胆道内圧を低下させる。5)


有効成分に関する理化学的知見

一 般 名

  • フロプロピオン(Flopropione)

化 学 名

  • 1‐(2,4,6‐Trihydroxyphenyl)propan‐1‐one

分 子 式

  • C9H10O4

分 子 量

  • 182.17

構 造 式

物理化学的性状

  • フロプロピオンは白色〜微黄褐色の結晶性の粉末である。
    本品はN,N‐ジメチルホルムアミドに極めて溶けやすく、メタノール又はエタノール(99.5)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。

融  点

  • 177〜181℃


★リンクテーブル★
関連記事プロ」「ロピオン

プロ」

  [★]

pro

ロピオン」

  [★] フルルビプロフェンアキセチル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡