フルドロコルチゾン

出典: meddic

fludrocortisone
酢酸フルドロコルチゾン fludrocortisone acetate
フロリネフ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 副腎不全(副腎皮質機能低下症) (特集 私の処方2015) -- (内分泌・代謝疾患の処方)
  • 全身性毛細血管漏出症候群の1例
  • 菅原 里恵,堀中 繁夫,八木 博,石村 公彦,小口 渉,矢野 秀樹,石光 俊彦
  • 心臓 44(11), 1432-1436, 2012
  • … その翌日から急に5,000mL/日以上の多尿が認められ脱水となることを繰り返した.各種ホルモン検査および負荷試験はいずれも異常は認められなかった.しかし,尿中Na排泄量が多いため食塩負荷およびフルドロコルチゾンの投与を開始し増量したところ,再び溢水に伴う体重増加や心拡大,胸水貯留が認められたが用量の調整にて上記発作を出現することなく安定した状態で約2年間,外来通院内服加療した.再度心不全 …
  • NAID 130003396438
  • 先天性副腎皮質過形成(21-水酸化酵素欠損症 塩類喪失型)の妊娠分娩の1症例
  • 佐藤 紀子,塩路 光徳,久保田 哲 [他],山下 美智子,高橋 良子,藤谷 真弓,蒲池 圭一,辻江 智子,徳平 厚
  • 産婦人科の進歩 64(1), 49-53, 2012
  • … 酵素欠損症 塩類喪失型と診断され,副腎皮質ステロイド(以下,ステロイド)の投与を受けていた.6歳時に外陰部形成術,11歳時に遊離小腸を利用した腟形成術を行っている.ベタメタゾン1mg/日,フルドロコルチゾン酢酸エステル0.1mg/日でコントロール良好の状態で自然妊娠にて妊娠成立し,当科受診.妊娠経過は順調で,ステロイドの維持量を変更することなく,血圧,血中電解質とも正常で易疲労感や悪心など …
  • NAID 130001890091

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 合成鉱質コルチコイド剤

販売名

フロリネフ錠0.1mg

組成

  • 本剤は1錠中にフルドロコルチゾン酢酸エステル0.1mgを含有する。
  • 添加剤としてリン酸水素カルシウム水和物、トウモロコシデンプン、タルク、ステアリン酸マグネシウム、安息香酸ナトリウム、乳糖水和物及び無水乳糖を含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 塩喪失型先天性副腎皮質過形成症
  • 塩喪失型慢性副腎皮質機能不全(アジソン病)
  • フルドロコルチゾン酢酸エステルとして、通常1日0.02〜0.1mgを2〜3回に分けて経口投与する。
    なお、新生児、乳児に対しては0.025〜0.05mgより投与を開始することとし、年齢、症状により適宜増減する。
  • 年齢により感受性が変化するので、特に新生児・乳児期から血清電解質、レニン活性、血圧等を定期的に測定し、至適投与量に注意すること。

慎重投与

  • 感染症の患者[免疫機能抑制作用により、感染症が増悪するおそれがある。]
  • 糖尿病の患者[糖新生促進作用等により血糖が上昇し、糖尿病が増悪するおそれがある。]
  • 骨粗鬆症の患者[骨形成抑制作用等により、骨粗鬆症が増悪するおそれがある。]
  • 腎不全の患者[症状が増悪するおそれがある。]
  • うっ血性心不全のある患者[症状が増悪するおそれがある。]
  • 甲状腺機能低下のある患者[症状が増悪するおそれがある。]
  • 肝硬変の患者[脂質代謝に影響し、肝硬変が増悪するおそれがある。また、慢性肝疾患患者では、血中半減期の延長がみられ、副作用が起こりやすい。]
  • 脂肪肝の患者[脂質代謝に影響し、脂肪肝が増悪するおそれがある。]
  • 脂肪塞栓症の患者[脂質代謝に影響し、脂肪塞栓症が増悪するおそれがある。]
  • 重症筋無力症の患者[使用当初、一時症状が増悪することがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

**誘発感染症、感染症の増悪

  • 誘発感染症、感染症の増悪があらわれることがある。また、B型肝炎ウイルスの増殖による肝炎があらわれることがある。観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

続発性副腎皮質機能不全、糖尿病

消化性潰瘍、膵炎

精神変調、うつ状態、痙攣

骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパシー

緑内障、後のう白内障

  • 連用により眼内圧亢進、緑内障、後のう白内障を来すことがあるので、定期的に検査をすることが望ましい。

血栓症

薬効薬理

電解質代謝に対する作用3),4)

  • 本剤は副腎摘出イヌにおいてデオキシコルチコステロン(DOC)と類似の作用を示し、Naの貯留とKの排泄を増加し、Na貯留作用はデオキシコルチコステロン酢酸エステル(DOCA)の4.7倍であり、アルドステロンと同等の効果を示した。

糖質代謝に対する作用3),4)

  • 本剤の副腎摘出ラットにおける肝グリコーゲン蓄積作用は、コルチゾン酢酸エステルの10.7倍であった。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • フルドロコルチゾン酢酸エステル
    (Fludrocortisone Acetate)

化学名:

  • 9-Fluoro-11β,17,21-trihydroxypregn-4-ene-3,20-dione 21-acetate
  • フルドロコルチゾン酢酸エステルは白色〜微黄色の結晶又は結晶性の粉末である。本品はアセトンにやや溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みfludrocortisone acetate
リンク元副腎皮質ホルモン剤」「9α-フルオロヒドロコルチゾン」「fludrocortisone」「フロリネフ
拡張検索酢酸フルドロコルチゾン
関連記事コルチゾン

fludrocortisone acetate」

  [★]

Florinef


副腎皮質ホルモン剤」

  [★]

corticosteroid
副腎皮質ステロイドコルチコステロイドステロイド薬副腎皮質ステロイド薬副腎皮質ホルモン副腎皮質ステロイドホルモン副腎皮質ステロイド剤

副腎皮質ホルモン剤

副作用

フロリネフ

重大な副作用

  • 1. 誘発感染症、感染症の増悪
  • 誘発感染症、感染症の増悪があらわれることがある。また、B型肝炎ウイルスの増殖による肝炎があらわれることがある。観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
  • 2. 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病
  • 3. 消化性潰瘍、膵炎
  • 4. 精神変調、うつ状態、痙攣
  • 5. 骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死ミオパシー*6. 緑内障、後のう白内障
  • 連用により眼内圧亢進、緑内障、後のう白内障を来すことがあるので、定期的に検査をすることが望ましい。
  • 7. 血栓症

その他の副作用

  • 1. 内分泌:5%以上又は頻度不明:月経異常
  • 2. 消化器:5%以上又は頻度不明:下痢、胃痛、胸やけ、口渇、食欲亢進
  • 3. 消化器:5%未満:悪心・嘔吐、腹部膨満感
  • 4. 精神神経系:5%以上又は頻度不明:多幸症、不眠、頭痛、めまい
  • 5. 筋・骨格:5%以上又は頻度不明:筋肉痛、関節痛
  • 6. 脂質・たん白質代謝:5%以上又は頻度不明:野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝
  • 7. 脂質・たん白質代謝:5%未満:満月様顔貌
  • 8. 体液・電解質:5%以上又は頻度不明:血圧上昇、低カリウム性アルカローシス
  • 9. 体液・電解質:5%未満:浮腫、高ナトリウム血症、低カリウム血症
  • 10. 眼:5%以上又は頻度不明:中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出
  • 11. 血液:5%以上又は頻度不明:白血球増多
  • 12. 皮膚:5%以上又は頻度不明:ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・脆弱化、脂肪織炎
  • 13. 過敏症:5%未満:発疹
  • 14. その他:5%以上又は頻度不明:発熱、疲労感、息切れ、ステロイド腎症、体重増加、精子数及びその運動性の増減


9α-フルオロヒドロコルチゾン」

  [★]

9α-fluorohydrocortisone
フルドロコルチゾン


fludrocortisone」

  [★] フルドロコルチゾン


フロリネフ」

  [★] フルドロコルチゾン


酢酸フルドロコルチゾン」

  [★] フルドロコルチゾン


コルチゾン」

  [★]

cortisone
cortisonum
11-dehydro-17-hydroxycorticosterone
酢酸コルチゾン cortisone acetate
コートン
コルチゾール糖質コルチコイド11β-hydroxysteroid dehydrogenase17-OHCS






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡