フルチカゾン

出典: meddic

fluticasone
プロピオン酸フルチカゾン fluticasone propionate
アドエアアラミストキリガミールスカイロンファビフルタイドフルチカノーズフルナーゼフロラーズミリカレットフルナーゼFlonase, Flovent
耳鼻科用剤






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/23 10:42:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高齢者喘息の特徴とサルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤の有用性
  • 東田 有智
  • アレルギー・免疫 19(4), 604-612, 2012-04
  • NAID 40019240817
  • 気管支喘息患者に合併したスギ花粉症治療におけるレボセチリジン塩酸塩錠の使用経験
  • 安場 広高
  • アレルギー・免疫 19(2), 313-320, 2012-02
  • NAID 40019188780

関連リンク

フルナーゼとは?フルチカゾンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
フルタイドとは?フルチカゾンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:病気別版) ... 注意! すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う、「おかしいな」と感じたら早めに受診して ...
フルチカゾンとは。効果、副作用、使用上の注意。副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン剤を含む外用剤です。サルコートは、びらんまたは潰瘍(かいよう)を伴う治りにくい口内炎の治療に使われる口腔内噴霧剤、パルミコート(パルミ ...

関連画像

フルチカゾン点鼻液50μg フルチカゾン点鼻50μg「イセイ 点鼻薬 (フルチカゾン プロピオン酸フルチカゾン点鼻 プロピオン酸 フルチカゾン 点 プロピオン酸フルチカゾン フルチカゾン点鼻液50μg プロピオン酸フルチカゾン点鼻

添付文書

薬効分類名

  • 粘膜付着型鼻過敏症治療剤

販売名

スカイロン点鼻液50μg28噴霧用

組成

有効成分

  • 1瓶中の内容物容量 4mL
    1mL中フルチカゾンプロピオン酸エステル 0.51mg

添加物

  • カルボキシビニルポリマー、L-アルギニン、ベンザルコニウム塩化物、エデト酸ナトリウム水和物、ポリソルベート80、濃グリセリン、塩化ナトリウム、水酸化ナトリウム、精製水

1回の噴霧主薬量

  • 50μg

禁忌

  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者〔症状を増悪するおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎
  • 成人は、通常1回各鼻腔に1噴霧 (フルチカゾンプロピオン酸エステルとして50μg) を1日2回投与する。

なお、症状により適宜増減するが、1日の最大投与量は、8噴霧を限度とする。

慎重投与

  • 鼻咽喉感染症の患者〔症状を増悪するおそれがある。〕
  • 反復性鼻出血の患者〔出血を増悪するおそれがある。〕

重大な副作用

アナフィラキシー様症状

  • アナフィラキシー様症状 (呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等) があらわれることがある (頻度不明) ので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

薬効薬理1)

  • フルチカゾンプロピオン酸エステルは合成糖質副腎皮質ステロイドであり、局所抗炎症作用を有する。

本剤の点鼻投与は、受動感作ラットにおける抗原誘発鼻粘膜血管透過性亢進モデル及び能動感作モルモットにおける抗原誘発鼻腔内圧上昇モデルの2種類の実験的アレルギー性鼻炎モデルに対して、用量依存的な抑制作用を示した。

生物学的同等性試験1)

  • 本剤と標準製剤について、同一用量の点鼻投与による薬効薬理作用の同等性確認試験を行った。両剤は、抗原誘発鼻粘膜血管透過性亢進モデル(ラット)における漏出色素量増加及び抗原誘発鼻腔内圧上昇モデル(モルモット)における鼻腔内圧上昇を同程度に抑制した。また、両剤の抑制作用の差の95%信頼区間が同等とされる基準内に収まったことより、両剤の生物学的同等性が確認された。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • フルチカゾンプロピオン酸エステル (プロピオン酸フルチカゾン) Fluticasone Propionate

化学名:

  • S-Fluoromethyl 6α, 9α-difluoro-11β-hydroxy-16α-methyl-3-oxo-17α-propionyloxyandrost-1, 4-diene-17β-carbothioate
  • 白色の微細な粉末である。ジメチルスルホキシドに溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元耳鼻科用剤」「サルメテロール」「レルベア100エリプタ14」「フルティフォーム」「アドエア

耳鼻科用剤」

  [★]

商品


サルメテロール」

  [★]

salmeterol
キシナホ酸サルメテロール salmeterol xinafoate
Serevent、アドエア(サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル)、セレベント
長時間作用型β2刺激薬



レルベア100エリプタ14」

  [★]

会社名

  • グラクソ・スミスクライン(株)

成分名

  • ビランテロールトリフェニル酢酸塩(ビランテロール)/フルチカゾンフランカルボン酸エステル(フルチカゾン)

薬効分類

フルティフォーム」

  [★] フルチカゾンプロピオン酸エステル(フルチカゾン)、ホルモテロールフマル酸塩(ホルモテロール)

  • 杏林製薬


アドエア」

  [★] サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル

その他の呼吸器官用薬





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡