フルクトース6-リン酸

出典: meddic

fructose6-phosphate, F6P, fructose 6-phosphate
フルクトース6リン酸フルクトース一リン酸 fructose monophosphate



解糖系


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CGで見る生体分子の世界(9)解糖で働く酵素群(2)フルクトース6-リン酸からグリセルアルデヒド3-リン酸まで
  • CGで見る生体分子の世界(8)解糖で働く酵素群(1)α-D-グルコースからフルクトース6-リン酸まで
  • フルクトース6-リン酸2-キナーゼのリン酸化と解糖系の調節

関連リンク

フルクトース-6-リン酸(フルクトース-6-リンさん、Fructose 6-phosphate、F6P)とは、6位の炭素がリン酸化したフルクトース分子のことである。β-D型の分子は細胞中に多量に存在する。細胞に取り込まれたグルコースとフルクトースの大部分 ...
栄養・生化学辞典 - フルクトース6-リン酸の用語解説 - フルクトースのリン酸エステルで,解糖の代謝中間体の一つ. ... 今日のキーワード 参院選の日程 改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18 ...
フルクトース-1,6-ビスリン酸(フルクトース-1,6-ビスリンさん、Fructose 1,6-bisphosphate)とは、1位と6位の炭素がリン酸化したフルクトース分子のことである。β-D型を持つ分子は細胞中に多量に存在する。細胞に取り込まれたグルコースと ...

関連画像

フルクトース-2,6-ビスリン酸解糖系という概念に対する異論 フルクトース-2,6-ビスリン酸 フルクトース-6-リン酸 - Wikipedia全体の反応 (6回まわった時)リボース-5-リン酸フルクトース-1,6-ビスリン酸フルクトース-6-リン酸


★リンクテーブル★
リンク元フルクトース一リン酸」「F6P」「フルクトース6リン酸」「fructose 6-phosphate」「fructose-6-phosphate
関連記事フルクトース」「リン」「」「リン酸

フルクトース一リン酸」

  [★]

fructose monophosphate
フルクトース6-リン酸


F6P」

  [★] フルクトース6-リン酸

fructose 6-phosphate


フルクトース6リン酸」

  [★] フルクトース6-リン酸

F6P


fructose 6-phosphate」

  [★] フルクトース6-リン酸


fructose-6-phosphate」

  [★] フルクトース6-リン酸

フルクトース」

  [★]

fructose, Fru
果糖, fruit sugarレブロース levulose
果糖注フルクトン。(果糖グリセリン)グリセレブグリセオールグリセノングリセリンFヒシセオールグリポーゼグリマッケン。(アミノ酸輸液製剤)アミノトリパ1号輸液トリパレン1号トリフリード輸液フルクトラクト
単糖


薬効

5%, 20%フルクトースとして

20%フルクトン注
  • 1. エネルギー補給:果糖はブドウ糖に比べてグリコーゲン生成能が大で、容易に乳酸に分解されるため、速やかにエネルギー源となり、糖尿病状態時や肝障害時でも利用される。
  • 2. インスリン非依存性:果糖は主として肝に存在するfructokinase(ketohexokinase)により代謝され、インスリンの影響を受けず、糖尿病状態時にも使用できる。
  • 3. 蛋白節約作用:果糖は体内窒素平衡に関与し、ブドウ糖に比べて強い蛋白節約作用があり、糖尿病状態時でもその作用を示す。
  • 4. 解毒作用:果糖はアルコール及び種々有毒物質の解毒を促進する

グリセリン、フルクトースの混合輸液として

グリポーゼ
  • 脳圧降下作用のあるグリセリン(グリセロール)に,溶血防止作用のある果糖(フルクトース)が配合されており、脳圧降下作用及び眼圧降下作用がある。

アミノ酸輸液との配合輸液として

アミノトリパ
  • 1. 糖質とアミノ酸の配合比率:本剤を構成する糖質・電解質液とアミノ酸液との配合比率を検討するため、一定の非蛋白熱量下にアミノ酸配合量を変えた液を用いて、絶食ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、蛋白栄養指標(窒素出納や血漿アルブミン濃度等)を良好に維持するための非蛋白熱量/窒素(NPC/N)は約150前後であることが確認された。
  • 2. 栄養学的効果:本剤の栄養学的効果を市販製剤の混合液と比較するため、開腹術施行ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、本剤は窒素出納や肝グリコーゲン量等において、良好な栄養効果が認められた。



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡