フルクトサミン

出典: meddic

fructosamine



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 実例 血清蛋白分画検査で見出された異常データの電気泳動解析 (第60回学術集会) -- (シンポジウム3 異常値のメカニズムの解明 : 電気泳動法の有用性と情報発信)
  • 藤田 清貴,阿部 雅仁,石垣 宏尚
  • 臨床病理 : 日本臨床検査医学会誌 62(11), 1074-1078, 2014-11
  • NAID 40020286146
  • 健常人を対象とした大麦若葉末の抗酸化作用について
  • 古賀 良太,鍔田 仁人,池口 主弥 [他]
  • 日本未病システム学会雑誌 19(1), 10-18, 2013
  • NAID 40019737269
  • 3Cp07 新規フルクトサミン6-キナーゼのゲノム情報に基づく検索(酵素学,酵素工学,一般講演)
  • 神尾 英里,津川 若子,早出 広司
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 64, 124, 2012-09-25
  • NAID 110009609673

関連リンク

フルクトサミン(FRA)とは、血液中の糖とたん白が結合してできる物質です。グリコヘモグロビン(HbA1c)が過去1ヶ月の血糖レベルの平均を反映するのに対し、フルクトサミンの測定は、より短期の血糖コントロールの指標として利用されて ...
要望・質問など 質問等はこちらにお願いします 知識の泉BBS そのほかの問い合わせは こちら (記事の編集修正への参加、など) なお、医療相談は受け付けておりません

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡