フルオロデオキシグルコース

出典: meddic

fluorodeoxyglucose, FDG, 18F-FDG, 18-Fluoro-2-Deoxyglucose
フッ化デオキシグルコース
放射性医薬品2-デオキシグルコースフッ素 FFDG-PET


  • 細胞内に取り込まれるとリン酸化されてFDG-6Pとなる。これ以上代謝を受けないために細胞内にとどまる。
  • 生理的な集積はグルコース代謝の高い組織に多い。
  • 脳、心筋、肝臓、腎臓、尿(尿路全域)

集積部位

結核診療ガイドライン 改訂第2版 p.27
  • 1. 非腫瘍性集積
  • -生理的集積
筋肉(眼筋, 喉頭, 横隔膜, 頚部~肩, 四肢など), 胃, 腸管(特に大腸), 褐色脂肪, 卵巣, 子宮, 扁桃腺, 耳下腺, 顎下線, 胸腺, 乳腺, 精巣
  • -反応性:G-CSF, 貧血, エリスロポエチン→骨髄
  • -炎症病巣
結核腫, 膿瘍, リンパ節炎, 感染性疣贅, 動脈硬化, 放射線治療, 手術創, 穿刺部(生検, 血管造形, 注射)

2. 糖代謝の低い悪性腫瘍

肺(高分化腺癌, BAC), 肝細胞癌

3. 良性腫瘍への集積

大腸腺腫, 甲状腺腺腫, 神経鞘腫, ワルチン腫瘍



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 悪性リンパ腫の核医学診断--FDG-PETを中心に (特集 胸郭内リンパ腫とその周辺疾患の画像診断)
  • 久慈 一英,松田 博史
  • 日本胸部臨床 70(6), 578-588, 2011-06
  • NAID 40018861395
  • 新しいdeviceを取り入れた大腸癌の画像診断 PET/CT融合画像の応用 (大腸癌--最新の研究動向) -- (大腸癌の検査・診断)
  • 坂本 攝,村上 康二,加藤 宏行
  • 日本臨床 69(-) (997), 299-305, 2011-04
  • NAID 40018805541

関連リンク

はじめに 本日お話をするフルオロデオキシグルコース(FDG)はPET検査で使用される検査薬ですが、検査薬の中でも弱い放射線をだすラジオアイソトープで標識をした薬剤であり、特別に放射性医薬品と呼ばれる種類のものです。
PET検査用語集 - FDGの用語解説 - PET検査のため人体に投与する薬剤のこと。正確には18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)と呼び、グルコースに放射能を出す成分(ポジトロン核種)を組み込んだものです。具体的にはグルコースの ...
聖隷PETセンターのご案内です ... FDGはフルオロデオキシグルコースの略で、ブドウ糖(グルコース)に似た化合物です。 18F-FDGは、18F(フッ素)という陽電子(ポジトロン)を放出する放射性同位元素で標識した薬剤で、体には ...

関連画像

 フルオロデオキシグルコースフルオロデオキシグルコース  フルオロデオキシグルコース図 18f フル オ ロデオ キシ


★リンクテーブル★
先読み放射性医薬品」「2-デオキシグルコース」「FDG-PET」「F」「フッ素
リンク元18F-FDG」「fluorodeoxyglucose」「フッ化デオキシグルコース」「FDG
拡張検索18Fフルオロデオキシグルコース」「フルオロデオキシグルコース-6-リン酸」「フルオロデオキシグルコースF18
関連記事グルコース」「コース」「フルオロ

放射性医薬品」

  [★]

radiopharmaceutical


商品


2-デオキシグルコース」

  [★]

2-deoxyglucose 2-DG
2-deoxy-D-arabino-hexose
グルコースFDGPET
  • グルコースの類似物質で、グルコースと同様に細胞内に取り込まれる。


FDG-PET」

  [★]

フルオロデオキシグルコースPETフッ化デオキシグルコースPET


  • 18F標識体を用いる脳機能や癌の画像診断法

F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f

フッ素」

  [★]

fluorineF
ファラッドフェニルアラニン
  • 分子:F2



18F-FDG」

  [★]

18F-fluorodeoxyglucose, fluorine-18-FDG, fluorine 18 fluorodeoxyglucose, 18-Fluoro-2-Deoxyglucose
フッ素18-FDG18FDG
放射性医薬品フルオロデオキシグルコース FDG


-18FDG


fluorodeoxyglucose」

  [★] フルオロデオキシグルコース FDG

フッ化デオキシグルコース」

  [★] フルオロデオキシグルコース


FDG」

  [★] フルオロデオキシグルコース

18Fフルオロデオキシグルコース」

  [★]

fluorine-18-fluorodeoxy glucose
18FDG


フルオロデオキシグルコース-6-リン酸」

  [★]

fluoro deoxyglucose-6-phosphate


フルオロデオキシグルコースF18」

  [★]

fluorodeoxyglucose F18

グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連



コース」

  [★]

course
過程課程経過


フルオロ」

  [★]

fluoro
フッ化



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡