フルオロアセタミド

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/16 02:37:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 抗腫瘍性ロジウム (II) カルボキシラト錯体と核酸塩基との立体特異的相互作用: ロジウム (II) トリフルオロアセタミドーシトシン錯体の結晶構造

関連リンク

物理的状態; 外観: 無色の結晶性粉末。 物理的危険性: 化学的危険性: 加熱あるいは酸の影響下で分解し、有毒なフューム(窒素酸化物など)を生じる。 許容濃度: TLV は設定されていない。 暴露の経路: 体内への吸収経路:エーロゾルの ...
【発明の名称】 キナゾリノン誘導体の製造方法 【発明者】 【氏名】上藤 民郎 【氏名】松井 浩三 【氏名】岡竹 充 【目的】 【構成】 2-フルオロアセタミド-5-ニトロ安息香酸とo-トルイジンを反応させることを特徴とする2 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事フルオロ

フルオロ」

  [★]

fluoro
フッ化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡