フルオレセイン

出典: meddic

fluorescein
fluoresceinum natricum
フルオレセインナトリウム fluorescein sodium
フルオレセンフルオレッセインウラニン uranin
(試験用紙)フローレス、(静注)フルオレサイト
緑膿菌フルオレセインイソチオシアネート



臨床関連

  • 検査薬として


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/23 17:54:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 若年者の虚血型網膜中心静脈閉塞症に対する放射状視神経乳頭切開術の長期経過
  • 東 寛子/山本 香織/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E273-E279, 2012-01-31
  • フルオレセイン蛍光眼底造影では、腕網膜循環時間の遅延(30秒) 、造影早期から網膜血管透過性亢進を高度に認め、網膜周辺に無灌流領域を広範囲に認め、虚血型CRVOと診断した。 …
  • NAID 110008767991
  • レーザースペックルフローグラフィーにより血行動態を観察した特発性血小板減少性紫斑病(ITP)に合併した切迫型網膜中心静脈閉塞症の1例
  • 新井 歌奈江/小暮 朗子/小野 まどか/田村 明子/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E254-E259, 2012-01-31
  • … 視力は良好であったが、左眼網膜静脈は拡張、蛇行し、フルオレセイン蛍光眼底造影(FA)にて腕網膜時間の遅延を認めた。 …
  • NAID 110008767987

関連リンク

16 蛍光はどのようにして光が出るのですか? フルオレセイン(fluorescein)という色素は蛍光(fluorescence)を発することで知られていて、蛍光染料(fluorescent dye)の仲間です。紫外線を当てると緑色の光を ...
概要 フルオレセインは1871年、アドルフ・フォン・バイヤーにより発見された。フルオレセインの吸収極大は波長 494nm(青色光)、放出する蛍光の極大は 521nm(緑色光、水中)であり、励起にはアルゴンレーザーなどが利用できる。
世界大百科事典 第2版 フルオレセインの用語解説 - 黄色の酸性染料の一種で,分子中にカルボン酸基をもち,遊離酸は油溶染料。ナトリウムNa塩,カリウムK塩はウラニンuranineと呼ばれ,蛍光染料,浴剤,吸着指示薬,蛍光指示薬などに ...

関連画像

フルオレセインなどの蛍光物質 フルオレセイン.jpg - たゆたえ 写真はフルオレセイン検査で 1)フルオレセイン試験紙フルオレセインなどの蛍光フルオレセインの合成

添付文書

薬効分類名

  • 蛍光眼底造影剤

販売名

フルオレサイト静注500mg

組成

有効成分の名称

  • フルオレセイン

5mL中含量

  • 500mg

添加物

  • 水酸化ナトリウム  150mg
    pH調節剤2成分   適量

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 全身衰弱の患者[全身状態がさらに悪化し、重篤な副作用が発現するおそれがある。]
  • 重篤な糖尿病の患者[重篤な副作用が発現するおそれがある。]
  • 重篤な心疾患のある患者[重篤な副作用が発現するおそれがある。]
  • 重篤な脳血流障害のある患者[重篤な副作用が発現するおそれがある。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
  • 肝硬変の患者[重篤な副作用が発現するおそれがある。]

効能または効果

  • ぶどう膜・網膜・視神経等の疾患の診断
  • フルオレセインとして、通常200〜500mgを肘静脈に注射する。
  • 本剤は静脈内にのみ使用し、髄腔内への使用は重篤な副作用が発現する可能性があるので使用しないこと。

慎重投与

  • 肝障害のある患者[一部肝臓から胆汁中に排泄され、症状を増悪させるおそれがある。]
  • 腎障害のある患者[主たる排泄経路は腎臓であるので、排泄遅延から血中濃度が上昇するおそれがある。]
  • 重症喘息、肺気腫、呼吸器感染症の患者[症状を増悪させるおそれがある。]
  • アレルギー素因のある患者
  • 重篤な高血圧症の患者[血圧の変動を起こすおそれがある。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

  • ショック (0.1%未満)、アナフィラキシー様症状 (頻度不明) 等があらわれることがあるので、投与後においても観察を十分に行い、発赤、そう痒感、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難、意識消失等の症状があらわれた場合には、適切な処置を行うこと。

,*心停止

  • 心停止 (頻度不明) が起こることがあるので、患者の全身状態の観察を十分に行い、異常が生じた場合は、直ちに心マッサージ、アドレナリン等のカテコールアミン投与等の蘇生処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フルオレセイン (Fluorescein) (JAN)

化学名

  • 3',6'-dihydroxyspiro[isobenzofuran-1(3H),9'-[9H]xanthen]-3-one

分子式

  • C20H12O5

分子量

  • 332.31

性状 

  • フルオレセインはだいだい色の粉末で、においはない。

エタノール (95) 又は水酸化ナトリウム試液に溶けやすく、水にほとんど溶けない。 ■


★リンクテーブル★
国試過去問105A036」「096D055
リンク元fluorescein」「フルオレセン」「fluorescein sodium
拡張検索フルオレセイン染色試験」「フルオレセインイソチオシアネート」「フルオレセイン蛍光眼底造影」「フルオレセイン蛍光内視鏡」「フルオレセイン・ストリングテスト

105A036」

  [★]

  • 52歳の女性。眼精疲労を主訴に来院した。 10年前から両眼の異物感があった。視力は右1.0(矯正不能)、左1.0(矯正不能)。眼圧は右12mmHg、左12mmHg。Schirmer試験は右1 mm、左1 mm(基準10-15)。フルオレセイン染色下での細隙灯顕微鏡検査にて角膜に点状の上皮欠損を認める。眼底に異常を認めない。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A035]←[国試_105]→[105A037

096D055」

  [★]

  • 50歳の男性。数日前からの右眼の視力低下と痛みとを主訴に来院した。視力は右0.3(矯正不能)、左1.2(矯正不能)。右前眼部写真とフルオレセイン生体染色前眼部写真とを以下に示す。
  • 左眼に異常はみられない。この疾患でみられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D054]←[国試_096]→[096D056

fluorescein」

  [★] フルオレセイン

WordNet   license wordnet

「a yellow dye that is visible even when highly diluted; used as an absorption indicator when silver nitrate solution is added to sodium chloride in order to precipitate silver chloride (turns pink when no chloride ions are left in solution and negative fluorescein ions are then absorbed)」
fluoresceine, fluorescent dye, resorcinolphthalein

フルオレセン」

  [★]

fluoresceinfluorescein sodium
フルオレッセインフルオレセインフルオレセインナトリウムフルオレセンナトリウム

fluorescein sodium」

  [★] フルオレセインフルオレセインナトリウム

フルオレセイン染色試験」

  [★]

fluorescein staining test
フルオレセイン
  • 上皮障害部位にフルオレセインが貯留するために上皮欠損部位を知ることができる。



フルオレセインイソチオシアネート」

  [★]

fluorescein isothiocyanateFITC
フルオレッセインイソチオシアネートフルオレセイン-5-イソチオシアネート



フルオレセイン蛍光眼底造影」

  [★]

フルオレセイン蛍光眼底検査
脈絡膜フラッシュ、蛍光眼底造影、フルオレセイン


フルオレセイン蛍光内視鏡」

  [★]

fluorescence endoscopy
蛍光内視鏡検査

フルオレセイン・ストリングテスト」

  [★]

fluorescein string test




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡