フランカルボン酸モメタゾン

出典: meddic

モメタゾン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 吸入デバイス--患者嗜好を考慮して (特集 気管支喘息治療における吸入療法の現状とその課題--フランカルボン酸モメタゾンへの期待)
  • 炎症部位に応じた吸入療法 (特集 気管支喘息治療における吸入療法の現状とその課題--フランカルボン酸モメタゾンへの期待)

関連リンク

フルメタとは?フランカルボン酸モメタゾンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価 も調べられる(おくすり110番:病気別版)

関連画像

フランカルボン酸モメタゾン(フランカルボン酸モメタゾン  フランカルボン酸モメタゾン フランカルボン酸モメタゾン フランカルボン酸モメタゾンフラン カルボン酸 モメタゾン

添付文書

薬効分類名

  • 定量噴霧式アレルギー性鼻炎治療剤

販売名

ナゾネックス点鼻液50μg56噴霧用

組成

成分

  • モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物

含有量(モメタゾンフランカルボン酸エステルとして)

  • 1g中:0.5mg
    1回噴霧中:50μg

添加物

  • ベンザルコニウム塩化物,ポリソルベート80,結晶セルロース・カルメロースナトリウム,グリセリン,pH調整剤

禁忌

  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症,全身性の真菌症の患者[症状を増悪させるおそれがある。]
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • アレルギー性鼻炎

<成人

  • 通常,成人には,各鼻腔に2噴霧ずつ1日1回投与する(モメタゾンフランカルボン酸エステルとして1日200μg)。

<小児

  • 通常,12歳未満の小児には,各鼻腔に1噴霧ずつ1日1回投与する(モメタゾンフランカルボン酸エステルとして1日100μg)。
    通常,12歳以上の小児には,各鼻腔に2噴霧ずつ1日1回投与する(モメタゾンフランカルボン酸エステルとして1日200μg)。

慎重投与

  • 結核性疾患,未治療の感染症及び眼の単純ヘルペス患者[症状を増悪させるおそれがある。]
  • 反復性鼻出血の患者[出血を増悪させるおそれがある。]

重大な副作用

アナフィラキシー様症状(頻度不明)注1)

  • アナフィラキシー様症状(呼吸困難,全身潮紅,血管浮腫,蕁麻疹等)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には本剤の投与を中止し,適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • モメタゾンフランカルボン酸エステルは合成副腎皮質ステロイド薬であり,抗アレルギー作用及び抗炎症作用を有する。鼻腔内投与によりアレルギー性鼻炎モデルにおいて各種鼻症状抑制作用を示した。

アレルギー性鼻炎抑制作用

  • モメタゾンフランカルボン酸エステルは能動感作ラットの抗原誘発鼻腔内色素漏出反応(水性鼻漏),くしゃみ,鼻掻き行動,鼻閉及び鼻過敏性亢進に対して,鼻腔内投与により抑制作用を示した(in vivo)9)〜12)

局所抗炎症作用

  • モメタゾンフランカルボン酸エステルは亜急性炎症モデルであるマウスクロトン油耳浮腫に対して,局所投与により抑制作用を示し,その作用はベクロメタゾンプロピオン酸エステルよりも低用量で発現した(in vivo)11)

全身作用

  • 経口投与した時のマウスにおける胸腺萎縮作用,視床下部−下垂体−副腎皮質系抑制作用及び体重増加抑制作用,並びにモルモットにおける末梢血リンパ球減少作用の発現にはベクロメタゾンプロピオン酸エステルよりも高用量を要した(in vivo)11)

作用機序

  • モメタゾンフランカルボン酸エステルはヒトのヘルパーT(Th)細胞からのインターロイキン-4(IL-4)及びIL-5産生(Th2細胞の活性化)を抑制した(in vitro)13) 。鼻腔内投与により能動感作マウスのIgE及びIgG1抗体産生を抑制した(in vivo)14) 。さらに,ラット好酸球の走化性因子による遊走能を低下させた(in vitro)15)。これらの機序によりモメタゾンフランカルボン酸エステルは各種アレルギー性鼻炎モデルにおいて鼻症状抑制作用を示すと考えられる。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物(JAN)
    Mometasone Furoate Hydrate(JAN)

化学名

  • (+)-9,21-Dichloro-11β,17α-dihydroxy-16α-methyl-1,4-pregnadiene-3,20-dione 17-(2-furoate) monohydrate

分子式

  • C27H30Cl2O6・H2O

分子量

  • 539.44

性状

  • 本品は白色の粉末である。本品はN,N-ジメチルアセトアミドに溶けやすく,ジオキサンにやや溶けやすく,メタノール,エタノール(99.5)又はアセトニトリルに溶けにくく,水にほとんど溶けない。

融点

  • 約220℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」「mometasone furoate」「フロ酸モメタゾン
拡張検索フランカルボン酸モメタゾン水和物
関連記事モメタゾン」「フラン」「」「メタゾン

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


mometasone furoate」

  [★]

mometasonemometasone furoate hydrate


フロ酸モメタゾン」

  [★]

mometasone furoate
モメタゾンフランカルボン酸モメタゾン


フランカルボン酸モメタゾン水和物」

  [★]

mometasone furoate hydrate
モメタゾンフロ酸モメタゾン水和物


モメタゾン」

  [★]

mometasone
フランカルボン酸モメタゾンフロ酸モメタゾン mometasone furoateフロ酸モメタゾン水和物 mometasone furoate hydrateフランカルボン酸モメタゾン水和物
アズマネックスナゾネックスフランカルボン酸モメタゾンフルメタマイセラNasonex
その他の呼吸器官用薬耳鼻科用剤


  • 糖質コルチコイド;強力な抗炎症作用;外用


フラン」

  [★]

furan
[[]]
  • C原子4つとO原子1つに二重結合2つをもつ五員環化合物

参考

  • wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3_%28%E5%8C%96%E5%AD%A6%29
  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Furan


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

メタゾン」

  [★]

methasone
メタドン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡