フラジェリン

出典: meddic

flagellin
鞭毛
  • 鞭毛タンパク質
  • H抗原と呼ばれる




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/03/18 16:48:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MW7-3 マウス喘息モデルにおけるTLR5リガンド,フラジェリンの役割(MW7 動物モデルを用いたアレルギー病態の解析,ミニワークショップ,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 丸岡 秀一郎,Wilson Rhonda H,Whitehead Gregory S,中野 英樹,権 寧博,橋本 修,Cook Donald N
  • アレルギー 59(9・10), 1351, 2010-10-30
  • NAID 110008083855
  • 77.植物病原細菌の鞭毛タンパク質フラジェリンのイネにおける特異的認識に関与する受容体の同定とその認識機構解析(口頭発表)
  • 柁山 航介,桂木 雄也,田中 佑佳,高井 亮太,蔡 晃植
  • 植物化学調節学会研究発表記録集 (45), 94, 2010-10-01
  • Rice has perception systems of flagellin from rice-incompatible strain of phytopathogenic bacterium Acidovorax avenae, which induced immune responses. However, the receptor for the flagellin in rice i …
  • NAID 110007767177

関連リンク

Wikipediaの記事 フラジェリン の類似記事一覧を表示しています。 フラジェリンとは、細菌の鞭毛を構成するタンパク質の1種である。大きさはおおよそ3万~6万Da。鞭毛の主成分であり、有鞭毛型細菌の菌体には多量に含まれている。
べん毛の重合制御機能 べん毛のサブユニットタンパク質であるフラジェリンの重合制御機構を解明 研究成果の概要 フラジェリンをモノマーの状態にし、タンパク質分解酵素により処理して得られるフラグメントの生成パターンと ...

関連画像

フラジェリン研究の意義と今後の展望Define Flagella図1. フラジェリン フラジェリン分子の立体構造  輸送 される フ ラジェ リン


★リンクテーブル★
先読み鞭毛
リンク元フラゲリン
関連記事リン

鞭毛」

  [★]

flagellum, flagella


フラゲリン」

  [★]

flagellin
フラジェリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡