フマル酸エメダスチン

出典: meddic

エメダスチン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • IgE抗体による抗原非依存的なマスト細胞の活性化の解析と抗ヒスタミン薬による抑制効果の検討 (特集 皮膚アレルギー炎症2005)
  • 三原 祥嗣,木下 麻衣子,鍋島 裕紀子 [他]
  • アレルギ-・免疫 12(7), 1034-1039, 2005-07-00
  • NAID 40006817724
  • ヒト樹状細胞のTARC産生におけるヒスタミンの影響と抗ヒスタミン薬 (特集 皮膚アレルギー炎症2005)
  • 室田 浩之,中村 敏明,片山 一朗
  • アレルギ-・免疫 12(7), 1003-1010, 2005-07-00
  • NAID 40006817720
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Ngaマウス)に経口投与した抗アレルギー薬(フマル酸エメダスチン)の発症予防ならびに治療効果の検討
  • 西村 久美子,江 挙,中尾 裕史,坪井 良治,小川 秀興
  • 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY 114(9), 1507-1516, 2004-08-20
  • NAID 10013672235

関連リンク

成分(一般名) : エメダスチン フマル酸塩 製品例 : ダレンカプセル1mg~2mg、レミカットカプセル1mg~2mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 他のアレルギー用薬/その他/アレルギー性疾患治療剤
フマル酸エメダスチン製剤で始まる薬の検索結果。エメロミン,ダレン,レミカット - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法、副作用などが調べられます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • アレルギー性疾患治療剤

販売名

エメロミンカプセル1mg

組成

1カプセル中の有効成分

  • 日局 エメダスチンフマル酸塩…1mg

添加物

  • 白糖、ポビドン、タルク、エチルセルロース、クエン酸トリエチル
    カプセル本体:カラギーナン、塩化K、酸化チタン、黄色5号、赤色102号、ヒプロメロース

効能または効果

  • アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹
  • 通常、成人にはエメダスチンフマル酸塩として1回1〜2mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。

慎重投与

  • 肝障害又はその既往歴のある患者[肝機能異常があらわれるおそれがある。]

有効成分に関する理化学的知見

  • 構造式:
  • 一般名:エメダスチンフマル酸塩(Emedastine Difumarate)
  • 別 名:フマル酸エメダスチン
  • 化学名:1-(2-Ethoxyethyl)-2-(4-methyl-1,4-diazepan-1-yl)-1H-benzoimidazole difumarate
  • 分子式:C17H26N4O・2C4H4O4
  • 分子量:534.56
  • 性 状:白色〜微黄色の結晶性の粉末である。水に溶けやすく、メタノールにやや溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくく、酢酸(100)に溶けにくい。結晶多形が認められる。
  • 融 点:149〜152℃


★リンクテーブル★
リンク元emedastine difumarate
関連記事エメダスチン」「」「フマル酸

emedastine difumarate」

  [★] エメダスチンフマル酸エメダスチン


エメダスチン」

  [★]

emedastine
フマル酸エメダスチン emedastine difumarate
ダレンレミカットエメロミン


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

フマル酸」

  [★]

fumarate, fumaric acid
trans-butenedioic acid





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡