フッ素

出典: meddic

fluorineF
ファラッドフェニルアラニン
  • 分子:F2




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/06 20:28:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フッ化物配合歯磨剤はチタン製インプラント利用者のインプラント周囲炎のリスクとなるか : 文献レビュー
  • フッ素化ナノカーボン電極による食品・生体分子センシング
  • Proceedings of the Chemical Sensor Symposium 60, 15-17, 2016-03
  • NAID 40020817596
  • フッ素系撥水剤の開発

関連リンク

化学物質・フッ素をご存じですか。虫歯予防に有効とされ、歯磨き粉の宣伝でもよく耳にします。また、町の歯医者さんで、無料でフッ素塗布をしてもらうことも、いまや珍しくありません。 ところが、わたしたちの生活にとって、もはや ...
フッ素配合歯磨き粉やフッ素洗口、歯科医院でのフッ素塗布、フッ素の安全性・危険性など、完全網羅! ... フッ素(正確にはフッ化物)で虫歯の進行を防ぐことができる理由は、次の通りです。 歯の再石灰化を促進する!

関連画像

菌の中にフッ素が入り、酸を  今年の1発目はフッ素皆様も フッ素を使って歯を フッ素は何歳から塗ることが フッ素 入り 歯磨き粉 フッ素 フッ素塗布 (ぶどう,りんご

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

FDGスキャン注

組成

  •  本剤は,水性の注射剤で,フッ素-18をフルデオキシグルコースの形で含む。
    1バイアル(2mL)中
    フルデオキシグルコース(18F) (検定日時において) 185MBq

添加物

  •  日本薬局方 D−マンニトール 3.64mg

添加物

  •  日本薬局方 生理食塩液

効能または効果

  • 1.悪性腫瘍の診断
  • (1) 肺癌,乳癌(他の検査,画像診断により癌の存在を疑うが,病理診断により確定診断が得られない場合,あるいは,他の検査,画像診断により病期診断,転移・再発の診断が確定できない場合)の診断
  • (2) 大腸癌,頭頸部癌(他の検査,画像診断により病期診断,転移・再発の診断が確定できない場合)の診断
  • (3) 脳腫瘍(他の検査,画像診断により転移・再発の診断が確定できない場合)の診断
  • (4) 膵癌(他の検査,画像診断により癌の存在を疑うが,病理診断により確定診断の得られない場合)の診断
  • (5) 悪性リンパ腫,悪性黒色腫(他の検査,画像診断により病期診断,転移・再発の診断が確定できない場合)の診断
  • (6) 原発不明癌(リンパ節生検,CT等で転移巣が疑われ,かつ,腫瘍マーカーが高値を示す等,悪性腫瘍の存在を疑うが,原発巣の不明な場合)の診断
  • 2.虚血性心疾患(左室機能が低下している虚血性心疾患による心不全患者で,心筋組織のバイアビリティ診断が必要とされ,かつ,通常の心筋血流シンチグラフィで判定困難な場合)の診断
  • 3.難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる場合の脳グルコース代謝異常領域の診断
  •  通常,成人には本剤1バイアル(検定日時において185MBq)を静脈内に投与し撮像する。投与量(放射能)は,年齢,体重により適宜増減するが,最小74MBq,最大370MBqまでとする。

薬効薬理

集積機序

  •  腫瘍細胞においては,グルコーストランスポーターの発現による糖取り込み能の増加,解糖系の律速酵素であるヘキソキナーゼ活性の亢進並びに糖新生系の酵素であるグルコース-6-ホスファターゼ活性の低下によって,糖代謝が亢進している。
     心筋においては,虚血状態に陥った場合,グルコーストランスポーターの増加による糖取り込み能の増加及び解糖系の律速酵素であるヘキソキナーゼ活性亢進により,糖代謝が亢進している。
     てんかんの脳においては,焦点および発作に関係する部位の神経細胞の活動が増加している場合に糖代謝が亢進する一方,神経細胞の活動が減少している場合では糖代謝が低下する。
     本剤は,グルコースと同様にグルコーストランスポーターにより細胞に取り込まれ,ヘキソキナーゼによりリン酸化を受けるが,グルコースと異なり解糖系の酵素であるホスホグルコースイソメラーゼによるフルクトースへの異性化反応を受けないことから,リン酸化体として細胞内に滞留する。したがって,その滞留した18F由来のポジトロンを核医学検査装置で追跡することにより,腫瘍細胞の診断,虚血性心疾患における心筋バイアビリティの診断,及びてんかん焦点の診断が可能となる。

有効成分に関する理化学的知見

1.フルデオキシグルコース(18F)

  • 構造式:
      

2.放射性核種の特性(18Fとして)

  •   物理的半減期:109.8分
      主γ線エネルギー:0.511MeV(193.4%)


★リンクテーブル★
先読みフェニルアラニン」「F
リンク元活性炭」「フルオロデオキシグルコース」「fluorine
拡張検索全フッ素置換化合物」「フッ素症」「産業フッ素中毒症」「フッ素放射性同位体

フェニルアラニン」

  [★]

phenylalanine, Phe, F
アミノ酸



  • 無電荷、無極性
-CH2-C6H5
  • アラニンにフェニル基(-C6H5)を付けたもの



F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f


活性炭」

  [★]

activated charcoalactive carbon
木炭

概念

  • 炭化水素化合物を焼成して調製した炭素末
  • 炭化水素の網目構造に物質を吸着できる  ←  炭化水素という物性からしてイオン性、大分子(蛋白と結合した

物質)、水溶性の物質は吸着しづらい、と思われる。

活性炭の吸着に関与する要素

  • くり返し投与が有効なのは脂溶性、非イオン性、分布容量 Vdが小さい、蛋白結合率が低い
  • 腸管循環する物質、腸溶剤、徐放剤

吸着できる物質

SQ.480

吸着できない物質

参考1
  • 重金属
  • イオン化分子
  • 腐食性物質
  • 酸、アルカリ
  • 炭化水素
  • アルカン、アルケン、ハロゲン化アルキル、芳香族炭化水素、アルコール、アセトン、エタノール、エチレングリコール、イソプロパノール、メタノール、

参考

  • 1. [charged] Decontamination of poisoned adults - uptodate [1]
  • 2. 活性炭 - wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E7%82%AD




フルオロデオキシグルコース」

  [★]

fluorodeoxyglucose, FDG, 18F-FDG, 18-Fluoro-2-Deoxyglucose
フッ化デオキシグルコース
放射性医薬品2-デオキシグルコースフッ素 FFDG-PET
  • 細胞内に取り込まれるとリン酸化されてFDG-6Pとなる。これ以上代謝を受けないために細胞内にとどまる。
  • 生理的な集積はグルコース代謝の高い組織に多い。
  • 脳、心筋、肝臓、腎臓、尿(尿路全域)

集積部位

結核診療ガイドライン 改訂第2版 p.27
  • 1. 非腫瘍性集積
  • -生理的集積
筋肉(眼筋, 喉頭, 横隔膜, 頚部~肩, 四肢など), 胃, 腸管(特に大腸), 褐色脂肪, 卵巣, 子宮, 扁桃腺, 耳下腺, 顎下線, 胸腺, 乳腺, 精巣
  • -反応性:G-CSF, 貧血, エリスロポエチン→骨髄
  • -炎症病巣
結核腫, 膿瘍, リンパ節炎, 感染性疣贅, 動脈硬化, 放射線治療, 手術創, 穿刺部(生検, 血管造形, 注射)

2. 糖代謝の低い悪性腫瘍

肺(高分化腺癌, BAC), 肝細胞癌

3. 良性腫瘍への集積

大腸腺腫, 甲状腺腺腫, 神経鞘腫, ワルチン腫瘍



fluorine」

  [★] フッ素 F

WordNet   license wordnet

「a nonmetallic univalent element belonging to the halogens; usually a yellow irritating toxic flammable gas; a powerful oxidizing agent; recovered from fluorite or cryolite or fluorapatite」
F, atomic number 9

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「フッ素(化学記号はF)」

全フッ素置換化合物」

  [★]

perfluorochemicalperfluorinated compoundPFC
-PFC
persistent fetal circulatior syndrome


フッ素症」

  [★]

fluorosis, (歯のフッ素症)dental fluorosis
慢性フッ素症



産業フッ素中毒症」

  [★]

industrial fluorosis
フッ素化合物

フッ素放射性同位体」

  [★]

fluorine radioisotope




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡