フタラール

出典: meddic

グルタラール防疫用殺菌消毒剤
  • オルト-フタルアルデヒドを0.55%含有。グルタルアルデヒドよりも揮発性が低い、粘膜刺激性も弱い、皮膚刺激性が低い、皮膚感作性は陰性という特徴を持つ。 (disopa.jp:フタラール製剤)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/03 02:14:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • P5-2-6 スクラッチテストでフタラール液によるI型アレルギーの診断に至った一例(P5-2薬物アレルギー2,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 岡崎 志帆子,室井 栄治,原 肇秀,竹中 基
  • アレルギー 59(3・4), 449, 2010-04-10
  • NAID 110008015642
  • Q&A フタラールとグルタラールの違いは?/吸引チューブや吸引瓶の消毒はどうする?/疥癬発症時の対処法は? (特集 消毒・滅菌の疑問を解決! 感染症・消毒薬の新常識)

関連リンク

オルトフタルアルデヒド(o-phthalaldehyde、ortho-phthalaldehyde、フタルジ アルデヒド、フタラール)は芳香族化合物で、化学式はC6H4(CHO)2。 OPAと略される こともある。 目次. 1 生化学; 2 フタラール製剤; 3 その他. 3.1 異性体; 3.2 ポリフタル アルデヒド.
2012年12月9日 ... 高水準の消毒薬・フタラール製剤について. ○フタラール製剤の特徴 揮発性が低いため 、気道や眼の粘膜に対して刺激が小さく、 消毒のための浸漬時間が短いという特徴が あります。 グルタラール製剤より、芽胞に対する効力は弱いようです。

関連画像

できないものは、 フタラール  (フタラール製剤全長:2,222mm (コネクタ部を  デックス(フタラール製剤ms 01 過 酢酸 と フ タラール  左が過酢酸、右がフタラール

添付文書

薬効分類名

  • 化学的殺菌・消毒剤(医療用器具・機器・装置専用)

販売名

ディスオーパ消毒液0.55%

組成

成分・含量

  • フタラール0.55w/v%を含有する.

添加物

  • リン酸水素2K,リン酸二水素K,ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸3Na,クエン酸,安定剤,pH調節剤,緑色201号

効能または効果

  • 医療器具の化学的殺菌・消毒


  • 本剤にて消毒を行った超音波白内障手術器具類を使用した患者に,水疱性角膜症等があらわれたとの報告があるので,超音波白内障手術器具類には本剤を使用しないこと.
  • 本剤にて消毒を行った膀胱鏡を繰り返し使用した膀胱癌既往歴を有する患者に,ショック・アナフィラキシー様症状があらわれたとの報告があるので,経尿道的検査又は処置のために使用する医療器具類には本剤を使用しないこと.

用途

  • 本剤は微生物又は有機物により汚染された器具の化学的殺菌・消毒に使用すること.

対象器具

  • 内視鏡類,レンズ装着の装置類,麻酔装置類,人工呼吸装置類,外科手術用器具,産科用器具,歯科用器具又はその補助的器具,注射筒,体温計並びにゴム・プラスチック製器具類等で加熱による殺菌・消毒ができないもの.ただし,生体の無菌域に使用される医療器具類は適切な滅菌処理を行うこと.

本剤との適合性

・人工透析用ダイアライザー等,再使用が推奨されていない医療器具には使用しないこと.

・材質適合性に注意すること1)?4).ニッケルでメッキされた金属やステンレス鋼では,1ヶ月にわたる長期の浸漬でわずかに変色が観察されたことがある.

調製法

  • 本剤は原液のまま使用すること.

使用方法5)

  • 医療器具等は本剤に浸漬させる前に水又は酵素洗浄剤を用いてじゅうぶんに洗浄する.
  • 通常,器具等の消毒には,本剤に5分以上浸漬させる.
  • 浸漬後,取り出した器具等は,水又は滅菌水でじゅうぶんにすすぎ,本剤を除去する.
  • 細孔を有する等構造の複雑な器具類は,内孔部への注入等の操作により,本剤とじゅうぶんに接触させること.またすすぎの際,内孔部への水の注入等の操作により,本剤をじゅうぶんに除去すること.


  • 医療器具等は使用後,速やかにじゅうぶん洗浄し水切りをしたのち,本剤で消毒すること.[洗浄せずに直接本剤に医療器具等を浸漬すると,生体組織や分泌物の付着が取れにくくなることがある.]
  • 本剤で消毒した後の医療器具のすすぎについては,じゅうぶんに行い,水切りすること(「重要な基本的注意」の項参照).
  • 器具等の洗浄方法については,メーカーの推奨する方法や学会等のガイドライン等を参照すること.
  • この用法・用量(5分浸漬)では,じゅうぶんな殺芽胞効果は期待できないので,注意すること.
  • 洗浄水混入による濃度低下に注意すること6).[ディスオーパテストストリップ等7)によりフタラール濃度が0.3%以上であることを確認し,使用すること.また,14日間を超えて使用しないこと.]


薬効薬理

作用機序8),9)

  • フタラールのもつアルデヒド基が菌体の細胞外膜や細胞外壁の一級アミン,-SH基並びに蛋白と結合し,殺菌効果を示すと考えられている.

抗菌スペクトル・殺菌速度

  • 細菌,芽胞,真菌,ウイルスに対して有効である.

細菌に対する殺菌効果10)

  • Staphylococcus aureus,Salmonella choleraesuiss,Pseudomonas aeruginosaに対して5分以内に殺菌効果を示した.Mycobacterium bovis BCGに対して5分以内に殺菌効果を示した.

芽胞に対する殺芽胞効果11),12)

  • Bacillus subtilisの芽胞を8時間で,Clostridium sporogenesの芽胞を10時間で殺芽胞効果を示した.C.sporogenesに対して60分で6log10減少を示した.

真菌に対する殺菌効果10)

  • Trichophyton mentagrophytesに対して5分以内に殺菌効果を示した.

ウイルスに対する不活化作用13)

  • ポリオウイルス,アデノウイルス,単純ヘルペスウイルス,コクサッキーウイルス,ヒト型コロナウイルス,HIV-1等を5分以内に不活化した.

使用試験成績14)

  • 内視鏡(上部及び下部消化管用)に付着していた細菌(グラム陽性菌:ブドウ球菌,レンサ球菌,グラム陰性菌:大腸菌,緑膿菌等),真菌(カンジダ属)に対して5分で殺菌効果を示した.


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フタラール(phtharal)

化学名

  • benzene-1,2-dicarbaldehyde

分子式

  • C8H6O2

分子量

  • 134.13

性 状

  • 微黄色?黄色の結晶で,強いアーモンド様のにおいがある.

分配係数

  • n-オクタノール/緩衝液
    pH5:27
    pH7:27
    pH9:26


★リンクテーブル★
先読みグルタラール」「防疫用殺菌消毒剤
リンク元グルタルアルデヒド
関連記事タラ

グルタラール」

  [★]

glutaral
クリンハイドグルトハイドLグルトハイドスコープグルトハイドプラスサイデックスプラスステリコールステリスコープステリゾールステリハイドハイドリットワシュライト
消毒薬手術室の消毒
防疫用殺菌消毒剤


防疫用殺菌消毒剤」

  [★]

商品


グルタルアルデヒド」

  [★]

glutaraldehyde
グルタラールフタラール


  • タンパク質の電顕サンプルの前処理に使う気がする。
  • タンパク質のクロスリンキング実験に使ったことがある。


タラ」

  [★]

cod
タラ目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡