フォンタナ-マッソン染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 病院病理部で取り扱う深在性真菌症
  • 木村 雅友
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 49(4), 269-273, 2008-10-30
  • … う.HEやPAS染色では真菌のviabilityが低いと真菌要素の染色性が低下する.グロコット染色では真菌のviabilityに影響されず真菌要素を明瞭に染色できるが,過染色や弱染色に注意しなければならない.また組織構築の観察には適していない.フォンタナマッソン染色はクリプトコックスや黒色真菌の細胞壁メラニンを同定するのに有用であるが,アスペルギルスや接合菌も陽性となる場合がある.ファンギフローラY …
  • NAID 10023968069

関連リンク

銀還元顆粒(銀親和性)をもつ、消化管銀親和細胞、メラニン保有細胞の証明に用い られる染色方法で内分泌細胞から発生する腫瘍であるカルチノイドなどの診断に有用 です.
2009年3月5日 ... フォンタナ・マッソン染色のことについてお伺い致します。フォンタナアンモニア銀溶液を 添加する前の固定液なのですが、70%メタノールや80%エタノールを使用して...

関連画像

 (フォンタナ・マッソン染色銀親和性陽性細胞 … 黒 グリメリウス染色(ラット膵臓 フォンタナ・マッソン染色


★リンクテーブル★
関連記事染色

染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡