フォガティカテーテル

出典: meddic

Fogarty catheter
急性動脈閉塞症カテーテル


参考

  • 1. figure
[display]http://interventions.onlinejacc.org/cgi/content/full/3/1/1/FIG9
[display]//

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児気道異物の検討 : 異物把持鉗子の開発と使用成績
  • 遠藤 誠,大泉 弘幸,金内 直樹,加藤 博久,鈴木 潤,深谷 建,渡會 光,貞弘 光章
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 34(4), 314-319, 2012-07-25
  • 背景.小児気道異物は緊急病態であるが,治療器具が十分ではなく治療に難渋することがある.当科の術前術中の工夫および治療成績を評価検討し報告する.対象と方法.1994年から2008年1月までに治療した小児気道異物症例18例を対象とした.男児8例,女児10例,患児の月齢は中央値21.5カ月(9〜60カ月).術前診断,麻酔法ならびに手術方法について検討した.結果.異物は豆類16例,歯科補填物とビーズが各1 …
  • NAID 110009489903
  • 症例 フォガティーカテーテルを用いた小児気管支異物摘出法
  • 西川 仁,日高 浩史
  • 日本気管食道科学会会報 63(4), 337-344, 2012-00-00
  • NAID 40019411547

関連リンク

TOP サイトマップ ニュース 臨床の情報 医療の話題 リポート 臨床の情報 医療の話題 オリジナル特集 日経メディカル連動特集 Cadetto特集 連載 総合医スキルアップセミナー〔医師会員限定〕 アラン・レフォーの「英語で学ぶ!消化器外科手技 ...
フォガティカテーテルと血栓・塞栓摘出術・・ カテーテルを挿入してバルーンをふくらませ、 カテーテルを引き、血栓をかきだす きだす手術を行います。六時間がゴールデンタイムと呼ばれ、六時間以内であれば患肢を救うことができます ...
治療は局麻下に大腿動脈を切開し、フォガティカテーテルを用いた血栓除去術が行わ れます。 4.下肢静脈瘤 下肢の皮下静脈が拡張、蛇行したものです。ほとんどは伏在静脈の 逆流が原因です。静脈瘤は美容上の問題だけでなく、下肢の ...

関連画像

診療疾患画像診療疾患画像(フォガティカテーテル 診療疾患画像


★リンクテーブル★
先読み急性動脈閉塞症
リンク元Fogartyカテーテル」「Fogarty catheter
関連記事カテーテル

急性動脈閉塞症」

  [★]

acute arterial occlusion
急性動脈閉塞
動脈閉塞症

病因

ガイドライン1改変
  塞栓症 血栓症
心原性 心房細動  
不整脈
僧帽弁狭窄症
心筋梗塞後壁在血栓
左室瘤
心筋症
人工弁置換術後
心臓腫瘍左房粘液腫
卵円孔開存
血管性 大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症
末梢動脈瘤 バージャー病
shaggy aorta syndrome 大動脈解離
動静脈瘻 膝窩動脈瘤
  グラフト閉塞
血管炎(大動脈炎症候群など、膠原病)
膝窩動脈外膜嚢腫
膝窩動脈捕捉症候群
胸郭出口症候群
外傷
医原性
その他 空気塞栓 多血症
腫瘍塞栓 血小板増多症
カテーテル検査 悪性腫瘍

臨床的分類

  予後 臨書所見 ドプラ聴診器所見  
知覚消失 筋力低下 動脈 静脈
I viable
(下肢循環が維持されている状態)
ただちに下肢生命が脅かされることはない   なし 聞こえる 聞こえる
IIa threatened viability
(下肢生命が脅かされる状態)/marginally(境界型)
早急な治療により救肢が可能 軽度(足趾)/なし なし (しばしば)
聞き取れない
聞き取れる
IIb threatened viability
(下肢生命が脅かされる状態)/immediately(緊急型)
ただちに血行再建することにより救肢が可能 足趾以外にも
安静時痛を伴う
軽度~中等度 聞き取れない 聞き取れる
III irreversible
(不可逆的な状態)
組織大量喪失または、恒久的な神経障害が避けられない 重度
知覚消失
重度
麻痺(筋硬直)
聞き取れない 聞き取れない

治療

ガイドライン1 SSUR.421 YN.C-152
  • 急性動脈閉塞症の診断がつけばすぐに血栓形成の進展、およびこれによる再閉塞を予防するためにヘパリンを投与。
  • 急性下肢虚血の臨床的分類(TASC区分?)I, IIaでは経カテーテル直接血栓溶解療法(catheter directed thrombolysis, CDT)を考慮
  • TASC区分IIbでは外科的血行再建の適応(フォガティカテーテルによる血栓除去など)
  • TASC区分IIIやTASC区分IIb以上で血栓塞栓除去術が奏効しない例において、肢切断が行われる。

合併症

予後

ガイドライン1
  • 動脈閉塞から6時間以内であれば高率に救肢可能であり、血栓塞栓除去術の良い適応。
  • 24時間を経過すると約20%の症例で肢切断を要する。
  • 死亡率は15-20%

ガイドライン

  • 1. 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdf
  • 2. INTER-SOCIETY CONSENSUS FOR THE MANAGEMENT OF PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE (TASC II)
http://www.tasc-2-pad.org/upload/SSRubriqueProduit/Fichier2/597.pdf

Fogartyカテーテル」

  [★] フォガティカテーテル


Fogarty catheter」

  [★] フォガティカテーテル

カテーテル」

  [★]

catheter
血管内留置カテーテル
カテーテル処置カニューレカニューレ挿入法French



  • 診断や治療の目的で体腔、血管、臓器内に挿入する管。

参考

  • 1. catheter一覧
[display]http://www6.ufrgs.br/favet/imunovet/molecular_immunology/invivo_surgical.html





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡