フォイルゲン反応

出典: meddic

Feulgen's reaction, Feulgen reaction
ヌクレアール反応 nuclear reaction核酸染色 核染色反応 nuclear staining


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • DNAの性質を実感する実験の工夫 : 「らせん構造」を持つ「酸性物質」として捉える(P2,ポスター発表,日本理科教育学会第57回全国大会)
  • 西野 秀昭,迫田 ちさ
  • 日本理科教育学会全国大会要項 (57), 327, 2007-08-04
  • NAID 110006476636

関連リンク

フォイルゲン反応は半定量的な手法である。仮に細胞中のアルデヒド基が全てDNAの 加水分解に由来するのであれば、定量的となる。ミクロデンシトメーターや顕微分光光度 計を使えばフォイルゲン反応で生じた色素を定量することができる。この方法により、 ...

関連画像

GFEB のフォイルゲン染色像Trypanosoma


★リンクテーブル★
リンク元染色法
関連記事反応

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡