フェンフルラミン

出典: meddic

fenfluramine
[[]]
  • During the 1990s, the commonly used weight-loss drug combination of fenfluramine and phenteramine was, is some patients, associated with the development of thickedned plaques on the cardiac valves. These patients were prone to develop MR, as well as aortic regurgitaion and tricuspid valve disease. (PPC. 204)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • GC-MS/MSによるダイエット健康食品中の医薬品成分分析法の検討
  • 山本 新也,墨岡 成治,藤岡 正信 [他],三上 栄一,宮本 謙一
  • 食品衛生学雑誌 52(6), 363-369, 2011
  • … 品もあり,摂取した消費者に健康被害を惹起させることがある.このような無承認無許可医薬品による健康被害事例に迅速かつ正確に対応するため,ダイエット健康食品中のフェンフルラミン(FEN),N-ニトロソフェンフルラミン(NFE),シブトラミン(SIB),マジンドール(MAZ),フェノールフタレイン(PHP)の5種の医薬品成分についてGC-MS/MSを使用した一斉分析法を検討した.添加量1 μg/mg (PHPについては4 …
  • NAID 130002109396
  • 健康食品中の強壮、ダイエット、催眠および血糖降下薬に関連する医薬品15成分の液体クロマトグラフ/タンデム質量分析計(LC/MS/MS)による一斉分析法の検討
  • 大嶋 智子,宮本 伊織,山口 之彦
  • 日本食品化学学会誌 17(3), 171-178, 2010-12-20
  • A method for the determination of 15 medical components (five erectile dysfunction agents, four hypnotic agents, three appetite suppressants and three oral hypoglycemic agents) in dietary supplements …
  • NAID 110008661309
  • 健康食品に含まれる医薬品類似成分
  • 中国製ダイエット食品から検出されたN-ニトロソフェンフルラミンの脳神経系への影響(その2) (生体影響に関する調査研究)
  • 佐藤 かな子,野中 良一,大橋 則雄 [他]
  • 東京都健康安全研究センター研究年報 (59), 323-327, 2008
  • NAID 40016773141

関連リンク

フェンフルラミンは、食欲抑制剤としてイギリスやフランスでは承認されている医薬品ですが、日本では承認されていません。アメリカでは過去に承認されていましたが、1997年に使用禁止となりました。 フェンフルラミンの構造は ...
これらのダイエット食品に含まれており,問題となっているのが食欲抑制剤「フェンフルラミン」である。これは,食欲抑制効果を期待して人為的に添加されたものと推察されている。フェンフルラミンは,中枢性セロトニン(5-HT)作動性 ...
中国産の減肥茶の中に、日本でも死亡者を何人もだし 問題となったフェンフルラミンという白い粉状の物質が 含まれていることがあります。 これは、2~3ヶ月で 10%弱の体重を減...

関連画像

健康食品」の安全性・有効性 見た目ではフェンフルラミン 健康食品」の安全性・有効性 もちろんこの物質は食品添加物 もちろんこの物質は食品添加物  食品とフェンフルラミン フェンフルラミン 14mg カプセル東京都健康安全研究センター


★リンクテーブル★
リンク元fenfluramine
拡張検索デクスフェンフルラミン
関連記事ラミン

fenfluramine」

  [★] フェンフルラミン


デクスフェンフルラミン」

  [★]

dexfenfluramine
-dexfenfluramine


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡