フェン

出典: meddic

Fenn


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/08 07:41:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ラックフェン橋の施工 : 新国際港へのアクセス
  • 橋梁と基礎 = Bridge and foundation engineering 50(10), 5-10, 2016-10
  • NAID 40020951046
  • 橋梁基礎 ラックフェン
  • 橋梁と基礎 = Bridge and foundation engineering 50(10), 2-4, 2016-10
  • NAID 40020951042
  • オーバー・フェン
  • シナリオ : 映画芸術の原点 : Scenarioの月刊誌 72(10), 11-40, 2016-10
  • NAID 40020949247

関連リンク

日本フェンオールは施設防災のパイオニア。高い技術力で医療、精密機器、制御機器の受託開発、受託生産パートナーとしてお客様の製品開発をサポートします。
The latest Tweets from フェン (@fen000). 趣味はPCゲームや漫画・アニメ全般と好きな漫画家・原画家の先生などの色紙収集。好きなブランドはParasol、ゆずソフト、SAGA PLANETSなどなど。つぶやきは少ないです。. フェンの巣穴

関連画像

シェリリン・フェン12 の画像を 前 1502 view フェアリー フェン シェリリン・フェン13 の画像を モリンフェンqロンドン五輪開幕直前!各国の 前 1996 view フェアリー フェン

添付文書

薬効分類名

  • 解熱鎮痛剤

販売名

※※アセトアミノフェン錠200mg「トーワ」

組成

1錠中の有効成分

  • 日局 アセトアミノフェン…200mg

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、サッカリンNa水和物、ステアリン酸Mg、l-メントール

禁忌

  • 消化性潰瘍のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 重篤な血液の異常のある患者[重篤な転帰をとるおそれがある。]
  • 重篤な肝障害のある患者[重篤な転帰をとるおそれがある。]
  • 重篤な腎障害のある患者[重篤な転帰をとるおそれがある。]
  • 重篤な心機能不全のある患者[循環系のバランスが損なわれ、心不全が増悪するおそれがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[アスピリン喘息の発症にプロスタグランジン合成阻害作用が関与していると考えられる。]

効能または効果

  • ※1)下記の疾患並びに症状の鎮痛
  • 頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症
  • 2)下記疾患の解熱・鎮痛
  • 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
  • 3)小児科領域における解熱・鎮痛

※効能・効果1)の場合

  • 通常、成人にはアセトアミノフェンとして、1回300〜1000mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

効能・効果2)の場合

  • 通常、成人にはアセトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

※効能・効果3)の場合

  • 通常、幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。ただし、成人の用量を超えない。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
  • 幼児及び小児の1回投与量の目安は下記のとおり。(「慎重投与」及び「重要な基本的注意」の項参照)
  • 「小児科領域における解熱・鎮痛」の効能・効果に対する1回あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして500mg、1日あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして1500mgである。

慎重投与

  • アルコール多量常飲者[肝障害があらわれやすくなる。(「相互作用」の項参照)]
  • 絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏、脱水症状のある患者[肝障害があらわれやすくなる。]
  • 肝障害又はその既往歴のある患者[肝機能が悪化するおそれがある。]
  • 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍の再発を促すおそれがある。]
  • 血液の異常又はその既往歴のある患者[血液障害を起こすおそれがある。]
  • 出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがある。]
  • 腎障害又はその既往歴のある患者[腎機能が悪化するおそれがある。]
  • 心機能異常のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 過敏症の既往歴のある患者
  • 気管支喘息のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 高齢者(「重要な基本的注意」及び「高齢者への投与」の項参照)
  • 小児等(「重要な基本的注意」及び「小児等への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症:中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

喘息発作の誘発:喘息発作を誘発することがある。

劇症肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

顆粒球減少症:顆粒球減少症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎:間質性肺炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音の異常等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT、血清マーカー等の検査を実施すること。異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

間質性腎炎、急性腎不全:間質性腎炎、急性腎不全があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • シクロオキシゲナーゼ阻害作用は殆どなく、視床下部の体温調節中枢に作用して皮膚血管を拡張させて体温を下げる。鎮痛作用は視床と大脳皮質の痛覚閾値をたかめることによると推定される3)

有効成分に関する理化学的知見

  • 構造式:
  • 一般名:アセトアミノフェン(Acetaminophen)
  • 化学名:N-(4-Hydroxyphenyl)acetamide
  • 分子式:C8H9NO2
  • 分子量:151.16
  • 性 状:白色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール又はエタノール(95)に溶けやすく、水にやや溶けにくく、ジエチルエーテルに極めて溶けにくい。水酸化ナトリウム試液に溶ける。
  • 融 点:169〜172℃


★リンクテーブル★
拡張検索アセトアミノフェン」「イブプロフェン」「酒石酸イフェンプロジル

アセトアミノフェン」

  [★]

acetaminophen APAP
パラセタモール paracetamol
Tempraカロナールピリナジンアトミフェンアニルーメアフロギスピレチノールパラセタナパコカールサールツーカルジール、(小児坐薬)アンヒバ、(小児坐薬)アルピニー。(サリチルアミドアセトアミノフェンカフェインクロルフェニラミン)ペレックスネオアムノール配合LL配合。(サリチルアミドアセトアミノフェンカフェインプロメタジン)PL配合顆粒マリキナ配合顆粒ホグス配合顆粒ピーエイ配合セラピナ配合トーワチーム配合サラザック配合顆粒。(ジプロフィリンジヒドロコデイン、dl-メチルエフェドリン、ジフェンヒドラミンアセトアミノフェンブロモバレリル尿素)カフコデN配合。(トラマドールアセトアミノフェン)トラムセット配合。(イソプロピルアンチピリンアセトアミノフェンアリルイソプロピルアセチル尿素カフェイン)SG配合顆粒
(第2類医薬品)タイレノール Tylenol
アセトアミノフェン中毒
  • 非NSAID
  • 酸性
  • 解熱薬鎮痛薬。抗炎症作用はない!!
  • 消化管に対する副作用はアスピリンよりかなり少ない。
  • 小児の解熱の第一選択薬 ← ex. インフルエンザ患児にアスピリンを投与しReye syndromeの発症

動態

  • CYP2E1で分解される

副作用

  • ピリン系より副作用が少ない
  • 腎障害




イブプロフェン」

  [★]

ibuprofen
ibuprofenum
スタデルムブルフェンベシカムユニプロンランデールンナパセチン、Motrin



酒石酸イフェンプロジル」

  [★] イフェンプロジル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡