フェノール中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

5.体内動態および代謝 フェノールは暴露のすべての経路により容易に吸収される。吸収後はすべての組織 に速やかに移行する。 吸収されたフェノールは、主としてグルクロン酸および硫酸と結合し、一部はヒド ロキシル化され ...
強い腐食作用をもち(5%でも腐食を起こす)、上部消化管の壊死・穿孔を生じる。消化管から速やかに吸収され、中枢神経、肝、腎、肺にも強い障害を生じる。 血中・尿中のフェノールは高速液体クロマトグラフィーにより検出できる。
原液又は濃厚液が皮膚に付着した場合には腐蝕及び吸収され、中毒症状を起こすことがあるので、直ちに拭きとりエタノール又は多量の水でよく洗い流すこと。 眼に入らないように注意すること。入った場合には水でよく洗い流すこと。

関連画像

中毒時の 解毒 に「 プルシアン  きた有機溶剤の蒸気により中毒 してフェノールを吸い込み中毒


★リンクテーブル★
リンク元石炭酸中毒
関連記事フェノール」「中毒」「

石炭酸中毒」

  [★]

フェノール中毒


フェノール」

  [★]

phenol
phenolum
石炭酸 carbolic acidヒドロキシベンゼン hydroxybenzene
ウインタミンエキザルベ カチリキャンフェニックセルセプトパオスクレーフェノール・カンフル歯科用消毒液フェノール・亜鉛華リニメント フェノール水ポステリザンポステリザンFメトコールラニチジンルゴールレトンレプチラーゼ一般診断用精製ツベルクリン液状フェノール 乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン乾燥弱毒生風しんワクチン乾燥弱毒生麻しんワクチン乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン強力ポステリザン歯科用フェノール・カンフル 治療用アレルゲンエキス診断用アレルゲン皮内エキス組織培養不活化狂犬病ワクチン 複方ヨード・グリセリン 複方ヨード・グリセリンFM 複方ヨードグリセリン
消毒薬


  • 消毒薬としては、最近に有効であるが、芽胞、ウイルスには無効。
  • 大腸菌とかのプラスミド抽出するときに、蛋白成分を変性凝固させて遠沈させるために用いる。



中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡