フェノチアジン誘導体

出典: meddic

phenothiazine derivative, phenothiazines
フェノチアジン phenothiazine抗精神病薬
  • フェノチアジン核/骨格を有する化合物

作用機序

  • D2受容体拮抗

適応

  • 抗精神病薬:統合失調症、躁病

副作用

  • 錐体外路症状、意識障害、血圧低下(自律神経遮断作用による?)



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フェノチアジン誘導体の光増感による脂質酸化機構-スクアレンを脂質モデルとして-
  • 佐山 勝英,松尾 聿郎,藤田 斉,佐々木 政子
  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 1995(12), 954-959, 1995-12-10
  • NAID 10001684444
  • リボフラビンによるフェノチアジン誘導体の光増感酸化反応におよぼすシクロデキストリンの影響 (「包接現象の化学」<論文特集>)
  • 入江 徹美 [他]
  • 日本化学会誌 1983(2), p219-224, 1983-02
  • NAID 40002843234

関連リンク

フェノチアジン誘導体 マレイン酸フルフェナジン [フルメジン] マレイン酸トリフロパラジン [トリフラペラジン] ペルフェナジン [トリオミン] [トリラホン] [ネイカ] [パーフェナジン] [ピーゼットシー ] プロクロルペラジン [ノバミン ...
最近しんどいです。いつも、やるべき事が沢山ありますが、。フェノチアジン誘導体について書こうと思っていたのですが、、、また今度。あしたは濃フェノールフタレインに関すること書き上げます。すーぷ 果物 栄養 コロンビアローズ ...

関連画像

フェノチアジン誘導体 h .治療


★リンクテーブル★
先読みphenothiazine
リンク元phenothiazines」「フェノチアジン系」「phenothiazine derivative」「フェノチアジン系薬剤」「フェノチアジン系薬物
関連記事フェノチアジン」「誘導」「誘導体」「

phenothiazine」

  [★] フェノチアジン

WordNet   license wordnet

「a compound used primarily in veterinary medicine to rid farm animals of internal parasites」
thiodiphenylamine

phenothiazines」

  [★] フェノチアジン誘導体


フェノチアジン系」

  [★] フェノチアジン誘導体

phenothiazine derivative」

  [★] フェノチアジン誘導体

フェノチアジン系薬剤」

  [★] フェノチアジン誘導体

フェノチアジン系薬物」

  [★] フェノチアジン誘導体

フェノチアジン」

  [★]

phenothiazine
フェノチアジン系


概念

作用機序

  伝達物質 局在
A15 ドーパミン 嗅球糸球体周囲細胞
A14 視床下部前部
A13 不確帯
A12 弓状核(漏斗核)
A11 視床下部後部
A10 中脳腹側被蓋野
A9 黒質緻密部
A8 赤核後核

薬理作用

誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


誘導体」

  [★]

derivativeanalogderivate
アナログ系薬物派生的類縁体類似体類似物派生物類似化合物


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡